2014年11月27日

見た映画 鉄くず拾いの物語

2014年2月1日鑑賞。

実際に起こった出来事の当事者たちが出演して製作された劇映画「鉄くず拾いの物語」。
演技経験ゼロの当事者たちが出演した再現フィルムなのです。

舞台はボスニア・ヘルツェゴビナ。
そこに住むロマという少数民族の家族が主人公。
かの国の厳しい現実が淡々と描かれていきます。
これ、仮に日本を舞台にして日本人で描かれていたら、さらに身につまされ痛々しい思いにさいなまれていたことでしょう。
スクリーンに映し出されるのが異国の人々であることが1枚フィルターとなって鋭さが緩和されています。

 
続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

見た映画 クロニクル

2014年1月29日鑑賞。

あちこちでよい評判しか聞かなかった「クロニクル」。
ついに見ました(とは言っても、本記事公開時点で10か月近く以前の鑑賞ですが)

劇中に存在しているカメラを通した映像のみで1本の映画にするというワンアイデアを活かし切った点が素晴らしい。
似たアイデアの作品に「ブレア・ウイッチ・プロジェクト」っていうのがありましたけど、こちら「クロニクル」のほうが断然素晴らしい(あとは「クローバーフィールド/HAKAISHA」っていう作品も“ホームビデオ風の主観的映像”らしいですが、わたしは未見です)。
本作は、このカメラ手法による工夫のおかげで、ドキュメンタリー的な要素と自由自在なカメラワークとを同時に手に入れています。

 
続きを読む
posted by 山久友 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

見た映画 トランス

2014年1月29日鑑賞。

じつは二番館で2本立て上映していて、本命はもう1本のほうでした。
つまり、わたしにとってはオマケ(失礼!)だった「トランス」。

 
続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見たドラマ 素敵な選TAXI(第6話まで)

素敵な選TAXI

なんだかね、味気ない記事タイトルですが、ちょっとだけ興奮してるんですよ、わたしは。

テレビドラマ界は、新たな鉱脈を見つけたと言えるんじゃないんでしょうか。
それも、二重の意味で。

ひとつは、バカリズムさんというシナリオライター。
もうひとつは、一話完結ドラマの様式の拡大。


続きを読む
posted by 山久友 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

見た映画 マイヤーリング

2014年1月14日鑑賞。

“オードリー・ヘップバーン主演作で唯一の未公開作”との触れ込みだった「マイヤーリング」。
とは言え、はじめから劇場用映画として製作された作品ではなく、もともとは1957年にアメリカNBCで一度だけ放映された生放送ドラマ。
生放送であったために記録がなく、幻とされていた本作。
ところが当時の録画技術キネスコープで保存されていたマスターが発見され、HDで復元されて今回劇場公開となったのです。

 
続きを読む
posted by 山久友 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

見た演劇 てのひらの虫<ルナティック演劇祭>

2014年5月29日。

いやぁ、おもしろかったッスよ。
先日、見に行くと申し上げていた、我らがビビさんが書いたお芝居「てのひらの虫」。

シチュエーションは、小学6年生クラス編成会議。
当初は、いろいろあるものの順調に進むかに見えた編成会議が、ある教師の体罰疑惑をきっかけに、その場の教師たち、その場にいない教師や生徒たちを巻き込んだ騒動になっていく――というオハナシ。
続きを読む
posted by 山久友 at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

見た映画 永遠の0

2014年1月14日鑑賞。

原作を含め賛否両論あったものの、“観客動員数8週連続1位”“興行収入86億円突破”と大ヒットとなった本作「永遠の0」。

その他にも“サザンオールスターズが主題歌担当”“迫力のVFX”など、話題に事欠かない作品でありました。


続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

見た映画 野のなななのか

2014年5月22日鑑賞。

いやぁ、すごいモン見ちまった…。
見終えた直後、そんな想いが胸にふつふつと広がりました。
野のなななのか」。

そんな想いにとらわれた方々はわたしだけではなかったようで、Twitterでもこんなツイートを発見しました。



続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

見た映画 レイダース/失われたアーク《聖櫃》

2014年1月4日鑑賞。
新・午前十時の映画祭」にて。

2度目の鑑賞です。
レイダース/失われたアーク《聖櫃》」。

 

最初に拝見したのは、当ブログでも紹介したこちらのとき。

2010年06月30日
「インディ・ジョーンズ4作品イッキミ! インディ・ジョーンズ 失われた魔宮は最後の王国」に参加した!


このとき上映されたフィルムは非常に劣化しており、全編夕焼けみたいな状態でした(それでも充分に楽しくておもしろかったんですけどね)。
ぜひ公開時に近い色合いでも見ておきたいもんだなぁと、今回再び劇場に足を運びました。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

見た映画 タワーリング・インフェルノ

2013年12月8日鑑賞。
新・午前十時の映画祭」にて。

いやぁ、疲れた。

タワーリング・インフェルノ」というタイトルだけは公開当時からよく存じ上げていましたが、40年近い時を経て、ようやく初見です。

 
続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!