2013年06月21日

見たアニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第11話まで

宇宙戦艦ヤマト」といえば、言わずと知れた1970年代の大ヒットアニメ。
ご多分にもれず、わたし自身も友人らと熱中したクチです。
そのリメイク版「宇宙戦艦ヤマト2199」が現在放送されています。
先行して、劇場上映、DVD・Blu-ray発売、オンデマンド配信がされていましたが、この4月から地上波に登場しました。
地上波放送版は前回で第11話まで到達しました。



正直、リメイクなんかしなくていいじゃん、と思っていました。
「ヤマト」を次世代につなげたいなら、再放送でいいじゃん、って。
それでも、興味はあったので拝見しました。
続きを読む
posted by 山久友 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

ハリウッド白熱教室 第1回 脚本

これまでNHKのEテレ(以前の教育テレビですね)で放映されてきた「白熱教室」シリーズの新シリーズです。
ハリウッド白熱教室」。
第1回は脚本がテーマでした。
こりゃあ、見るしかありませんなぁ。

詳細な内容についてまとめてくださっているブログがありました。
見逃した! という方は、そちらをどうぞ。

NHK教育「ハリウッド白熱教室」第1回「脚本〜人生をストーリーにする〜」のまとめ
7代後の孫への話ブログ 物語とドラマを楽しみ、愛する全ての人のために
続きを読む
posted by 山久友 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

「ニルスのふしぎな旅」

CS放送の「キッズステーション」で2話ずつ再放映されていました。
ニルスのふしぎな旅
いまも「キッズステーション」ではまた最初から1話ずつ放映されているようです。
今年になって、新たにDVD-BOXも販売されたようです。



いろいろと盛り上がっているのは、今年で初放映から30年ということが関係しているのかもしれません。

続きを読む
posted by 山久友 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

「俺たちは戦ったンだ」

BSフジで9月に放映されたドキュメンタリーを昨夜、ようやく見ました。
俺たちは戦ったンだ

倉本聰さんが脚本・演出される舞台「歸國」のメイキングドキュメンタリーです。
倉本先生、番組内でこんなことをおっしゃっています。

創作の「創」のほうは、いままでにない新しいものをつくりだすこと。
「あの手でいこう」と思った瞬間、それは「創」ではなく「作」になってしまう。


以前ご紹介した「倉本聰シナリオ術入門」でも倉本先生はこんな言葉を残しています。

ものを「つくる」ということには、MAKE(作る)とCREATIVE(創る)があると思う。例えば、葬式のシーンで登場人物が泣くという発想は「作る」方だね。葬式でハシャぐと考えるのが「創る」だと思う。CREATIVEをしてください。

倉本先生のなかに、「創」と「作」、「CREATIVE」と「MAKE」、この二項対立が、常に明確に意図されているんだなぁ、と感じます。
もしかしたら、先生自身が自分に課している掟でもあるのかもしれません。

じつは倉本先生の舞台を、まだ一度も見たことがありません。
何度もそういうチャンスはあったはずなのに。
舞台「歸國」は来年(2010年)、東京でも公演があるそうです。
どこでやるのか、どれくらいの期間やるのか、まだ何も発表されていませんが、ぜひ今度こそ見に行きたい。
いまから楽しみです。
posted by 山久友 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

嗚呼、ガンダム

縁ある人
万里の道を越えて 引き合うもの
縁なき人
顔をあわせ すべもなくすれ違う

(中島みゆき「縁」より)

ただいまアニマックスにて放映中の「機動戦士ガンダム」を、録画して視聴しているオハナシは、本ブログでも何度かご紹介してきました。
9月5日分で第20話まで放映が進み、ストーリーも佳境へと突入……するはずでした。

ところが。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

佐野元春のザ・ソングライターズ

7月に始まったこの番組、コンセプトはこちらの公式サイトで。
第1回と第2回のゲストが小田和正さん。
そして、第3回、第4回のゲストがさだまさしさんでした。
その内容は、こちらのブログに詳しいので興味のある方はどうぞ。

歌作りとシナリオ書きは同じ土俵で語れないでしょうが、重なり合う部分も大いにあると思います。
前々からさださんは「体温」の大切さを語っていましたが、今回改めて、そのことをしみじみと実感しました。

自分は、体温が伝わるト書きを書いているだろうか。
やたらと小うるさい「指示」ばかりを書いているんではないだろうか。

ものを作る「姿勢」の部分では、歌もシナリオも、小説も絵も彫刻も、ひょっとしたら料理や裁縫さえも、同じ地平に立っているのかもしれません。
posted by 山久友 at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

「機動戦士ガンダム」第3話、第4話を見る

すでにアニマックスでの放映は第5話、第6話まで進んでいますが、ようやく第3話、第4話まで進みました。

前から、見ていて何かモヤモヤした感じがあるなぁ、と感じていましたが、今回気付きました。
「この人たち、どうして戦ってるの?」
これが私には伝わってこないのです。

そりゃあ、理屈ではわかりますよ。
ジオンを名乗る人たちが、地球連邦軍に独立戦争を仕掛けている、っていうのは(毎回のオープニングナレーションでも言ってくれているし)。

でも。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ルパン三世VS名探偵コナン

3月放映なので「いまさら」な感じが濃厚ですが、今朝、見ました。



……と思ったら、7/24にDVDが発売になるんですね。
ある意味、タイムリーでした。
おはなしなんかは上記リンクでご覧いただくとして。

単純に、おもしろく、楽しめました。
私は、ルパン、コナン、どちらも「見たことはある」程度の視聴者です。
それでも(だからこそ?)彼らの世界観が溶け合い、せめぎ合っている様に胸が躍りました。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:12| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

「機動戦士ガンダム」第1話、第2話を見る

「ガンダム」の最初の放映は1979年4月〜1980年1月だそうです。
同時代、どんなテレビアニメをやっていたかというと、1978年4月から10月まで「未来少年コナン」、同年9月に「銀河鉄道999」がスタート、同年10月から翌年4月まで「宇宙戦艦ヤマト2」が放映されています。
以上の3作は私も見ていました。
ガンダムは、以上3作の後を受けるような形で放映が始まっています。
ですから私にとっては、自分の中の「アニメ枠」がきっといっぱいいっぱいで、ガンダムの入り込む余地がなかったんだろうと思います。
そのため、初対面まで30年もかかった、というわけです。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

「ガンダム」という欠落

世代としてはど真ん中ストライクなのですが。
「ガンダム」をまったく知りません。
テレビシリーズも劇場映画も、一度も見たことがないのです。

端的に言ってしまえば「興味がなかった」わけですが、シナリオライターを目指し始めてから、少ぉしだけ興味がわいてきました。
何より現在に至るまでシリーズを継続させる推進力となったテレビの第1シリーズ(いわゆるファーストガンダム)に興味があります(言い換えれば、そこにしか興味がありません)。
「あれがガンダムのすべてだった」という声を聞いたこともあります。
また、生みの親のひとりである富野喜幸(現・富野由悠季)氏が、手塚治虫先生のアニメ制作スタジオ「虫プロ」出身だと知るにおよび、興味が膨らみました。

CSなので視聴できる方が限定されてしまいますが、「アニマックス」で7月4日(土)より放映が始まるそうです。

全部で43話。
すべてを見られるかどうかわかりませんが、ひとまず見始めてみようと思います。
posted by 山久友 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

「堂々現役〜巨匠からのメッセージ」見ました

前のエントリでお知らせしました「堂々現役〜巨匠からのメッセージ」の山田太一さん出演の回、録画したものを1週遅れでようやく見ました。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:08| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

予告「堂々現役〜巨匠からのメッセージ」

いつも「こんな映画を見ました」「こんな番組を見ました」という記事ばかりなので、たまには「これからこんな番組があります」という記事を。

脚本家・山田太一さんが12/14(日)に「堂々現役〜巨匠からのメッセージ」というBSフジの番組に出演されるそうです。

詳しくはこちら

山田太一さん、好きですがそんなにたくさんの作品を拝見しているわけではありません。
いちばんのめり込んだのは、やはり「ふぞろいの林檎たち」。
主人公たちの年齢が当時の自分の年齢より少し上(主人公たち→大学生、自分→中学生)、というところで惹きつけられたのかもしれません。
「山田太一」という名も知らず、いくつかの話を断片的に見て衝撃を受けていた「男たちの旅路」。
ほかには「あめりか物語」「日本の面影」などなど。

2009年1月期に、山田太一さんはひさびさに連ドラを執筆されるとか。
その放映局がフジテレビなので、今回の出演はその宣伝も兼ねて、ということでしょうね。
私はすでに予約録画スタンバイOKです。
BSデジタル視聴可能な方は、ぜひ。
posted by 山久友 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

サラリーマンNEO シーズン3

いまさら感が漂う気もしますが。
サラリーマンNEO シーズン3」。
わが家で毎週必ず見ている数少ない番組のうちのひとつです。
きちんと見始めたのは「シーズン2」から。
ご存知ない方のために手っ取り早く説明すると、サラリーマンおよびOL、会社をモチーフとしたコント集番組です。
コントの合間に「テレビサラリーマン体操(カミさんの大のお気に入り)」「世界の社食から」「はたらくおじさん」などの企画コーナーも挟まります。
最近のバラエティ番組はよく知りませんが、過去の番組でいうと「今夜は最高!」なんかが近いのでしょうか。
あと、私はさすがに知りませんが「シャボン玉ホリデー」とか「ゲバゲバ90分」とか。
NHK番組のパロディーを本家と同じオープニング映像を使ってやったりするので、芸が細かい。
最新作「厚姫」は、大河ドラマ「篤姫」の題字を書いた同じ人に「厚」の題字を書いてもらったようですし。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!