2009年12月24日

第1回 スーパーシナリオグランプリの映画化続報

締め切り(2008年5月)から1年半あまり。
公式サイトも1年前からさっぱり進展のなかった「スーパーシナリオグランプリ」。
ようやくグランプリ作品の映画化へ向けての続報がありました。

石野真子26年ぶり主演、旅館のおかみ役

女優石野真子(48)が26年ぶりに映画に主演することが23日、分かった。「雨の中の初恋」(来年夏公開予定)で、衰退した温泉街の名門旅館をおかみが一念発起して再生していくサクセスストーリー。「第1回スーパーシナリオグランプリ」(毎日広告社主催)でグランプリに選ばれた東京在住の会社役員・宮尾卓志氏(27)が原作。
(2009年12月24日6時43分 日刊スポーツ 紙面から)


このコンクール、「第1回」と銘打ったからには続ける意志があるのでしょうが、果たして第2回の募集はいつになるのでしょう。
第1回のグランプリが来年夏公開予定ですから、そのあとなんでしょうか。

――あ!
いま気が付きました!
記事中で「グランプリに選ばれた東京在住の会社役員・宮尾卓志氏(27)が原作」ってありますね。
原作」ですよ!
ということは、元のシナリオから別のプロ脚本家が新たに書き起こした、っていうことなんでしょうか……。
だとしたら、なんか、がっかりだなぁ。
やっぱり以前書いたように、このコンクールは「映画のネタ」がほしいだけで、作家を見出したり育てたりする気はさらさらないんだなぁ、と思わざるを得ません。

ま、そうは言っても、映画は気になります。
posted by 山久友 at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

日本演劇興行協会が脚本を募集していますが…

最初に知ったのは昨日の毎日新聞夕刊本紙の記事でした。

日本演劇興行協会:脚本を募集−−31日まで

全国の大劇場で組織する日本演劇興行協会が脚本を募集している。対象は歌舞伎(一幕物)▽ミュージカル▽現代劇(現代に通じる時代劇でも可)。それぞれ400字詰め原稿用紙で100枚まで。
(毎日新聞 2009年12月17日 東京夕刊)

17日の夜見た記事で締め切りが31日って……ちょっとびっくり。
最初にいつ、この募集が発表されたのかはわかりませんが、こんなに押し詰まる前にどうにかならなかったのでしょうか。
そして、もうひとつ驚くのが、選考期間。
2009年12月31日に締め切って、結果発表は2010年10月
なんだか、おバカな私は自分が応募したことすら忘れてしまいそうです……(笑)。

記事中、「詳細は同協会のホームページで」とありますので、一応、同協会の募集要項ページへのリンクもお知らせしておきます。

脚本募集のお知らせ
(社団法人 日本演劇興行協会)

どうしても戯曲を書きたい、すでに書き上がっている戯曲が数本あってその中から応募作を選り取りみどり……なんて方は、挑戦してみては?
ちなみに本募集、平成元年から断続的に続いて今回が6回目のようですが、一度も最優秀作品は選出されていません
posted by 山久友 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

平成21年度中四国ラジオドラマ脚本コンクール結果発表

取り急ぎ、記事にします。

中四国ラジオドラマ脚本コンクールの審査結果が発表された模様です。
前にも書いた(昨年?)気がしますが、私が一度は挑戦したいコンクールのひとつです。

ちょっと「?」なのは発表ページに「各審査員講評を掲載」とありますが、同じページには見当たらなく、該当ページへのリンクもなさそうなところ。
後日、掲載になるのかしら?
それとも何かの間違いなのでしょうか。
posted by 山久友 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

こんな募集があるそうです

オリジナルのオーディオ・ドラマのシナリオ募集!

放作協の広報番組『カフェ・ラ・テ』(RFラジオ日本)にて、
http://jhosakkyo.exblog.jp/
「ドラマ・ファクトリー」というオーディオ・ドラマのコーナーが始まります。
そこで、毎月、テーマに沿ったシナリオを募集しています。

(日本放送作家協会広報ブログ)


くわしい応募要項は、リンク先をご覧くださいね。

で、ご覧いただければわかるかと存じますが、賞金やら報酬といったものは、一切ないようです。
採用それ自体が報酬、みたいな感じですな。

それで全然、構わないと思います。

そりゃ、賞金があればあったでうれしいですが、それよりも作品化(映像でもオーディオでも舞台でも)が確約されていることのほうが、どれだけモチベーションにつながるか知れません。

賞金よりは作品化!

……そう思うのは、私だけでしょうか。
posted by 山久友 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ドラマ化はなし!――第34回創作テレビドラマ大賞

先日お知らせした第34回創作テレビドラマ大賞。
大賞がなく佳作3本という結果でしたが、なんと!
大賞がなかったため、今回はドラマ化されないそうです。
う〜む、残念!!
ちなみに、これは月刊ドラマ2009年12月号掲載情報。
講評座談会を、佳作の中でもいちばん物議を醸した「コワくてすいーの」についての部分と総評の部分だけ立ち読みしました(時間がなくて全部は読めず。買わなくてゴメンなさい)。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

第2回TBS連ドラ・シナリオ大賞の公式サイトが変わった!

久し振りに覗いてみたら、内容が豊富になっていました。
第2回TBS連ドラ・シナリオ大賞の公式サイト

最終選考通過者が参加できる「勉強会」についてのページや、4名のデビュー者からのコメントページが増えていました。

第2回の締め切りまで、2カ月を切りました。
みなさん、順調ですかぁ?
私は、順調に……遅れています(汗)。
――そんな逃げ口上で、お茶を濁しとる場合じゃあない!

だって今回は、

絶対

出すんだから!

……あ〜あ、「絶対」とか、言っちゃったョ――大丈夫か……?
posted by 山久友 at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

第34回創作テレビドラマ大賞、公式ホームページにて発表

新情報ではないので手短に。
先日お知らせしていた第34回創作テレビドラマ大賞の結果ですが、日本放送作家協会公式ホームページでも発表になりました。
こちらです(リンク先PDF)

「月刊ドラマ」に掲載されるのは1編だけなんですね。
テレビドラマ化されるのは、その1編なのでしょうか。
posted by 山久友 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

第35回城戸賞受賞作発表

近いぞ近いぞ、と思って待っておりましたが、ようやく発表になりました。
くわしくはこちらで。

数年ぶりに、入選該当作がなく、準入選が3作です。
ちょっとさびしい気もします。
入選作はキネマ旬報に掲載されていたと思いますが、今回はどうなるんでしょうか。
posted by 山久友 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

第34回創作テレビドラマ大賞受賞作

日本放送作家協会の公式ホームページや広報ブログにはまだ発表されていませんが、昨日発売になった月刊ドラマの2009年12月号で発表されているようです。

大賞なしで佳作が3本。
掲載されているシナリオがテレビドラマ化されるのでしょうか。
講評座談会、ちょっと読んでみたいな。
posted by 山久友 at 12:15| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

第21回フジテレビヤングシナリオ大賞 受賞作発表

大賞1本と佳作3本、だそうです。
以下の記事にもなっています。

山本裕典、作者怒っているのかとビクビク
人気脚本家の登龍門と言われる「第21回フジテレビヤングシナリオ大賞」の授賞式が11日、東京・台場の同局で行われ、俳優、山本裕典(21)がゲストで登場した。
(サンケイスポーツ 2009.11.12 05:01)


山本裕典が殺人犯役「すごく深い作品」
「第21回フジテレビヤングシナリオ大賞」が11日、東京・台場の同局で発表された。1450編の応募から、大賞は東京・中野の桑村さや香さん(27=会社員)の「輪廻(りんね)の雨」(今冬放送)が選ばれた。殺人を犯す主役を山本裕典(21)、その知的障害の弟を瀬戸康史(21)が演じ、すでに収録済み。山本演じる兄が、瀬戸演じる知的障害の弟が勤め先の工場長に暴力をふるわれていることを知り、工場長を殺害してしまうというショッキングなストーリーだ。
(日刊スポーツ 2009年11月11日17時49分)


やっぱりフジテレビは、その名の通り「ヤング」な方が大賞をかっさらうことが多いですね。
一昨年の「今日は渋谷で6時」も、エラくお若い方だった記憶が。
応募要項には「自称35歳以下」と書いていますが、この「自称」はエクスキューズであって、少なくとも大賞に限っては本気で35歳以下を欲しがっているんじゃないかと思います。
私ゃ、もう、フジテレビさんとは縁がないんでしょうかねぇ。
……っていうか、シナセンに通い始めたときで、すでに35歳は越えていたんでした……(笑)。
posted by 山久友 at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

函館港イルミナシオン映画祭第13回シナリオ大賞最終審査結果発表

函館・シナリオ大賞 グランプリに2作品

【函館】12月4〜6日に函館市で開かれる函館港イルミナシオン映画祭の実行委は5日、全国から公募したシナリオ大賞の審査結果を発表した。グランプリの函館市長賞には、神戸市の主婦小林和子さんの「川霧の街」と、東京都のウェブデザイナー土橋章宏さんの「スマイリング」が選ばれた。それぞれ賞金150万円が贈られる。
(北海道新聞 11/06 09:12)


ちょっとネタとしては古くなってしまいますが、函館港イルミナシオン映画祭第13回シナリオ大賞が決定したようです。
すご〜く出したかったけれど、第二子誕生やらなんやらでまったく手が着かず、結局スルーしてしまいました。
来年こそは!
……あと、締め切りまで260日以上(前回実績)あるし。
先手先手でいかなくっちゃ。
posted by 山久友 at 13:15| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

遅ればせながら分析を…

第1回TBS連ドラ・シナリオ大賞の分析を始めました(遅っ!)。
昨日、月刊ドラマ2009年1月号を入手し、最終選考会採録と、大賞1編・佳作2編のあらすじまでを読み終えました。
いまは大賞「変態刑事」の第1話シナリオを読んでいる最中です。
詳しくは全部読了後に、自分自身のまとめの意味で記事にしようと思います。

今回は1点だけ、最終選考会採録を読んだ感想を残しておこうと思います。
続きを読む
posted by 山久友 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

「ドラマ 万葉ラブストーリー」第4回脚本コンテスト 受賞作品発表

くわしくはこちらをどうぞ。
受賞者のみなさん、おめでとうございます。

ついこの間、締切だと思ったら、もう発表です。
1編1編が短いのは事実ですが、750編あまりの中から、映像化に見合う作品を選び出すのはたいへんな作業だと思います。
それをこの短期間に実施してしまうのですから、このコンクールの審査にはいつも尊敬の念を抱きます。
秋、夏、春、冬、と来て、四季をひとめぐりしました。
これで終わってしまうのでしょうか。
2巡目に突入するのでしょうか。
今後が楽しみです。
posted by 山久友 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

「ドラマ 万葉ラブストーリー」第4回脚本コンテスト 一般審査員募集

……だそうです。

一瞬、奈良に住む親戚・知人に片っ端から連絡しようかと思いましたが、よく考えたら私にはそんな縁故はありませんでした。
それより何より、募集要領を見たら、ちゃあんと、

「ただし、『ドラマ万葉ラブストーリー』第4回脚本コンテストに脚本を応募された方とそのご家族や関係者は、一般審査員に応募はできません」

と書いてあるじゃ、あ〜りませんか(チャーリー浜さん風)。
そりゃあ、そうですわな。
「シナリオは書かないけどテレビドラマ作りに少しでも参加してみたい」という奈良県在住の方、ぜひ応募してみてはいかがでしょう。

それにしても、いつも思うことですが、日本国内のテレビ放送キー局で、いちばんアバンギャルドなのはNHKだと思います。
いままでのシナリオコンクールで、一般審査員なんて、聞いたことありませんもの。
まぁ、不祥事やらなんやら、許せないことも多々あるのは事実ですが、現場の気風は最先端を突き進んでいるような気がします。
たとえば、こんな番組とか、こんな番組とか、こんな番組とか、はたまたこんな番組を作っちゃいますからねぇ。
posted by 山久友 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

平成21年度 中四国ラジオドラマ脚本コンクール

募集要項がwebに掲載されたようです。
昨年は広島放送局が募集していましたが、今年の応募先は松山放送局になりました。
(トップページのリンク先も2009年8月3日現在、変更済み)

じつは、出してみたいコンクールのひとつです。
本業でお世話になった松江を舞台にしてみたいんです。

7月までは第2子誕生とそれにまつわるもろもろが気がかりで、さっぱりシナリオに身が入りませんでした。
そろそろ本腰入れて取り組めたらなぁ、と思います。
posted by 山久友 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

第2回TBS連ドラ・シナリオ大賞応募要項について問い合わせたら返事をいただきました

長すぎるタイトルで恐縮です。
応募要項だけでは細かい部分がわからなかったので、お問い合わせフォームから問い合わせていました。
今日、その返事をいただきました。
特にブログなどへの転載を禁止されてはいませんでしたので、こちらに掲載しておきます。
(もしも関係者の方がご覧になっていて問題があるようでしたら、即刻記事を削除いたしますので、お知らせいただければ幸いです)

その1
「あらすじ」400字×3枚に「主要登場人物紹介」は含まれません!
「主要登場人物紹介」の文字数制限は特に設けていないそうです。


その2
「あらすじ」も「主要登場人物紹介」も縦書きで!

以上です。
個人的にこれから求められる連ドラは「いつでも参加できて、途中が抜けても最後まで楽しめる」っていうものだと思います。
ありがとう」なんて、私、好きでしたけど、さすがに全話を見たわけではありません。
でもおもしろいし、途中参加でも、途中が抜けていても、いつどこからどういうふうに見てもおもしろい。
難しいですけど、そういう連ドラを提案できたらなぁ、と思います。
posted by 山久友 at 14:44| Comment(6) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

速報!第2回TBS連ドラ・シナリオ大賞応募要項発表

ありましたねぇ、第2回。

第2回TBS連ドラ・シナリオ大賞応募要項

第1回で終わってしまうか、もしくは「連ドラ」という形式がなくなってしまうかと懸念しておりましたが、杞憂でありました。
「テレビドラマ」というと、フジテレビよりもTBSの世代なので、発表されると気分の盛り上がりがちょっと違います。
とはいうものの、昨年も狙う気まんまんだったのに挫折。
あと「自称・35歳」という条件がこちらにも。
うぬぬ。
まあ、募集側も、この条件はある意味「シャレ」なのでしょうが、でも、ある意味、本気なのではないかしら、とも思ったり。
つまりは言い張る「勇気」と「遊び心」でしょうな。
さらには、前回はあった「ジャンル分け」が消えました。
でも、ジャンルは明確に意識しないと、おそらく勝ち抜けていけないだろうなぁ、と感じます。
締め切りまで半年あまり。
長いのか、短いのか。
考え方次第ではありますが、少なくとも私にとっては、そうそう余裕のある時間でないことは確かです。
posted by 山久友 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

シナリオS1グランプリ 第16回結果発表と第17回募集開始

第一報は、ビビさんのブログで知りました。
ビビさん、ありがとうございます。

シナリオS1グランプリ第16回結果発表
シナリオS1グランプリ第17回応募要項

受賞者のみなさん、おめでとうございます。
ひさびさではありませんか? グランプリが出るの。
いま手元に資料がないのできちんと調べていませんが。
憶測でゴメンなさい。
そしてグランプリは部門(2)、つまり映画相当の枚数の部門です。
ここ最近は、部門(2)優勢が続いていますね。
posted by 山久友 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

2009年度第30回BKラジオドラマ脚本賞募集

先日、まだネットには出ていないとお知らせした情報ですが、ようやくネットにも発表されたようです。

2009年度 第30回 BKラジオドラマ脚本賞 募集

NHKさんは各地域でラジオドラマのシナリオを募集していますが、たいていはその「地域」を舞台や題材とすることが条件になっています。
それはそれでおもしろいですし、逆にその限定から発想が広がることでしょう。
一方、BKラジオドラマ脚本賞は、そういった条件がいっさいありません。
内容自由、です。
「ラジオドラマ」という形式が取っつきにくいかもしれませんが、音だけなので、どんなに壮大で現実離れした世界観でも、説得力をもって描ける可能性があります。
ご興味のある方は、ぜひ。
posted by 山久友 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞

第9回「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」が決定したそうです。
受賞者の皆様、おめでとうございます。
同時に、第10回の募集要項も発表されました。
2月に締め切りをずらしたフジテレビとどのような棲み分けが起こるのか、楽しみなところです。

……って、他人事目線でどーする?
posted by 山久友 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!