2017年10月29日

ほめられた(?)

昨日、無事に提出してきました。
例によって、こちら。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

今回は東海地区。
県単位で言うと、静岡・愛知・岐阜・三重が対象です。
岐阜以外訪れたことはありますが、それほどよく知る地域ではありません。
個人的には一、二を争う縁遠い地域かもしれません。
三重というか志摩には3〜4回仕事で行ったことがあるので、最初はそちらのホテルを舞台にしようかと考えていました(ところで、三重ってそもそも東海地区なんでしたっけ? なんとなく近畿のイメージでしたが……)。
そんなある夜、床の中で突然、別のアイデアが降ってきました。
それをきっかけに妄想が暴走し、半覚半睡ながらイメージが固まり、ほぼその通りのシナリオを今回書きました。
思いついてから実際書くまでは3週間ほど空いちゃったんですけどね。

シナセンに出しに行く直前、家で息子(小5)が「読みたい」と言うので読ませたところ、「いままで読んだ中でいちばんいいと思う」ですって。
どうして? って尋ねたら「出てくる人が、いちばん『人間くさい』気がする」と答えてくれました。

ーーこれ、ほめられたと考えていいんですよね?
「自信持って出していいんじゃない?」って言われましたけど、全然自信は持てません。
まぁ、最終審査まで残ってくれたらありがたいなぁ、と。

残りは関東地区(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)のみなので、今回はエアポケットなしで次回に突入です。
どこの地域の、どんなごはんを取り上げようかなぁ。

posted by 山久友 at 10:25| Comment(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

発表の季節がやってきた

毎度のことですが、こちらのコンクールの5月分の結果と8月の地区が発表になりました。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

8月の地区は、近畿!
都道府県名で言うと、滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山です。
なぁんとなく、応募作が増加しそうな予感。
書きたいネタをたくさん持っている方が大勢いらっしゃるんじゃないでしょうか。
わたしは、和歌山県以外すべてに行ったことはあります。
だったら和歌山を狙おう! と、へそ曲がりなことを言ったのはウチのカミさん。
どこの府・県にするかは、まだ決めていません。
続きを読む
posted by 山久友 at 03:05| Comment(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

発表と、それから……

毎月1日の恒例、「47行の物語」の今月の対象地区が発表されました。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

7月は、北海道!
出た!
いよいよ出てきた、わたしの出身地。
「よっしゃぁ!」という気分と、誰に頼まれてもいないのに妙なプレッシャーとを感じております。
ここで勝負できなくてどうする!? みたいな。

思い入れの強い“食べもの・ごはん”が多すぎてねぇ。
肩にチカラを入れすぎてズッコケないように心がけなくては。
それから、もうひとつ。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

提出報告(2人分)

47行の物語、今回もなんとか提出完了。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

今回、はじめて小学5年生の息子も書いて、提出しました!
続きを読む
posted by 山久友 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

発表と発表

もっぱら、こちらのコンクールの広報ブログと化していますが。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

こちらで2つの発表です。

まずひとつ目。
6月の地域です。
続きを読む
posted by 山久友 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

提出完了!

明けて昨日になりますが、無事提出しました。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

今回の地域は北陸・甲信越。
個人的には、あんまりなじみのない地域。
それがかえって功を奏したのか、よく言えば想像力豊かに、悪く言えば無責任に、書き切った感触があります。
わたしが書いたのは、5月24日現在で「全く来てい」ないと言われた福井県。
続きを読む
posted by 山久友 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

5月の地域が発表されました――47行の物語

わたしがシナリオリハビリとして活用させていただいている感の強い、このコンクール。

47行の物語〜47都道府県シナリオコンクール

次回5月分の地域が発表されました!
続きを読む
posted by 山久友 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

提出することに意義を見出そう

まったくもって、参加表明の場と化しておりますが。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

なんとか提出しました。
――ンですけどね。
出来はと言えば……。
続きを読む
posted by 山久友 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

コンクールプチ復帰

今日(というか3/25)出しました。
前記事で紹介したコチラ。

日本中がドラマのネタ!『47行の物語』〜47都道府県シナリオコンクール〜

実質執筆時間は3/25当日未明の1時間半くらい。
ネタ仕込みには合計約4〜5時間費やしましたけどね。
久々にシナセンを訪れ、直接提出してきました。
特にチェックとか何もなく「ありがとうございます」とあっさり受理されました。

続きを読む
posted by 山久友 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

第5回科学ドラマ大賞募集

何度か応募してみようかと思いつつ挫折している「科学ドラマ大賞」。

例年は夏ごろの募集でした。
ところが今年は9月・10月になっても第4回の結果しかサイトに掲載されていなかったので、ひょっとしたら第4回を最後にフェードアウトしちゃうのかしら…と残念に思いかけていたのですが。

が!

第5回の募集要項が発表されていました!
続きを読む
posted by 山久友 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

2013年06月18日

第13回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞結果発表

昨日(6/17)、第13回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞の最終選考結果が発表されました。
受賞者のみなさん、おめでとうございます。

第13回「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」最終選考結果
2013年6月17日|テレビ朝日

『第13回 テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞』派遣社員・吉田光洋氏の『化石の微笑み』が大賞を受賞!優秀賞には大学3年生も!
2013/06/17 16:40|テレビ関連ニュース[テレビドガッチ]
続きを読む
posted by 山久友 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

NHKのラジオドラマ募集2題

まずは「BKラジオドラマ脚本賞」。

2013年度 第34回 BKラジオドラマ脚本賞 募集
NHK大阪放送局

何日か前に覗いたときは、まだ前回の入賞作発表でしたが、ようやく次回の募集が発表されたようです。
ちなみに「BK」というのはNHK大阪放送局のコールサイン「JOBK」から。
続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

第25回フジテレビヤングシナリオ大賞一次審査通過作品発表!

…と、勇んで取り上げてみましたが、すでに一昨日発表されていたんですねぇ。
こんなタイトルの記事を書くのも何年ぶりのことでしょうか。

「第25回フジテレビヤングシナリオ大賞」一次審査通過作品

応募総数1628編中、一次審査通過は243編。
およそ15%の通過率。
最近の動向をよく存じ上げませんが、やっぱりテレビ局系のシナリオコンクールは競争率が激しいですなぁ。

続きを読む
posted by 山久友 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

城戸賞締切まで123日!

第39回城戸賞の締切まで残り123日です。
5、6、7、8月の丸4カ月間。
「だからナンだ」というわけではありませんが、いろいろキリがよいので、自分を鼓舞する意味でも。

ちなみに現在募集中の主なシナリオコンクールには以下のものがあります(締切が近い順)。
続きを読む
posted by 山久友 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

世界は刻々と動いている

最近めっきり、感想・レビューブログと化している当ブログ。
たまにはシナリオブログらしい記事を。

Twitterには書いたのですがこちらでも。

シナリオ作家協会さんほかの主催される新人シナリオコンクールが、今回(第22回)より、「シナリオ作家協会製の指定原稿用紙を使用しなくても応募できるようになりました」!
いやぁ、これは本当にめでたいことです。
いままでこの規程があったためにまったく魅力が感じられなかったのですが、俄然、興味が湧いて参りました。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

第3回科学ドラマ大賞

もう1週間ほど前のことですが。
Twitterで教えていただいた「科学ドラマ大賞」の第1回大賞受賞作を読みました。
続きを読む
posted by 山久友 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

第3回WOWOWシナリオ大賞 最終選考対象作品発表!

詳しくはこちらを。

応募総数は過去最高の730編(第1回582編、第2回471編)。
最終選考結果は2月下旬ころ発表とか。
10本の中には元ゼミ仲間のお名前もあり、非常に楽しみです。
posted by 山久友 at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

第17回シナリオS1グランプリ結果発表! ですが…

以下に審査結果が発表された模様です。
★第17回シナリオS1グランプリ審査結果発!!

今回、グランプリは該当作なし。
城戸賞、創作テレビドラマ大賞、そしてS1と、続けて最高賞の該当作なし、です。

また、いまのところ第18回の募集要項も発表されていません。

年の瀬を迎えて、ちょっと気分が萎えてしまいますが、致し方ありませんな。
「月刊 シナリオ教室」2010年1月号に掲載されるであろう、受賞作や講評を楽しみにしていましょう。
posted by 山久友 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

第1回 スーパーシナリオグランプリの映画化続報

締め切り(2008年5月)から1年半あまり。
公式サイトも1年前からさっぱり進展のなかった「スーパーシナリオグランプリ」。
ようやくグランプリ作品の映画化へ向けての続報がありました。

石野真子26年ぶり主演、旅館のおかみ役

女優石野真子(48)が26年ぶりに映画に主演することが23日、分かった。「雨の中の初恋」(来年夏公開予定)で、衰退した温泉街の名門旅館をおかみが一念発起して再生していくサクセスストーリー。「第1回スーパーシナリオグランプリ」(毎日広告社主催)でグランプリに選ばれた東京在住の会社役員・宮尾卓志氏(27)が原作。
(2009年12月24日6時43分 日刊スポーツ 紙面から)


このコンクール、「第1回」と銘打ったからには続ける意志があるのでしょうが、果たして第2回の募集はいつになるのでしょう。
第1回のグランプリが来年夏公開予定ですから、そのあとなんでしょうか。

――あ!
いま気が付きました!
記事中で「グランプリに選ばれた東京在住の会社役員・宮尾卓志氏(27)が原作」ってありますね。
原作」ですよ!
ということは、元のシナリオから別のプロ脚本家が新たに書き起こした、っていうことなんでしょうか……。
だとしたら、なんか、がっかりだなぁ。
やっぱり以前書いたように、このコンクールは「映画のネタ」がほしいだけで、作家を見出したり育てたりする気はさらさらないんだなぁ、と思わざるを得ません。

ま、そうは言っても、映画は気になります。
posted by 山久友 at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!