2015年06月26日

見た演劇 欲しいのは毒林檎<ルナティック演劇祭 決勝>

2015年6月25日。

見てきましたよ!
予選についてはこちら↓で。
2015年05月15日
見た演劇 その嘘に刺される<ルナティック演劇祭>

おもしろかった!
――のだけど、感想として、何をどう書けばいいのかわかんないんです。
そんな不思議な感覚に包まれました。
続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

見た演劇 その嘘に刺される<ルナティック演劇祭>

2015年5月14日。

わたしにとって年中行事の感を呈してきた「ルナティック演劇祭」。
ビビの役に立たないシナリオ」で、その筋では有名な盟友(と勝手にこちらから思っている)ビビさん脚本の作品が今年も上演されました。
これまでの軌跡は以下をどうぞ。
2014年05月30日
見た演劇 てのひらの虫<ルナティック演劇祭>

2013年06月22日
見た舞台 殺意が死んだ夜 決勝バージョン

2013年05月30日
見た舞台 殺意が死んだ夜

で、今回。
タイトルはその嘘に刺される
ちなみに本作は再演です。
その辺の経緯はこちらに詳しくあります。
再演という初めての体験
ビビの役に立たないシナリオ 2015年04月24日07:00

その嘘にリボンを」は、わたくし、さる事情で拝見しておりません。
“さる事情”って、どんな事情? という方、こちらをどうぞ。
2009年11月30日
「その嘘に、リボンを」を見に行った
(その節は、関係者のみなさま、大変ご迷惑をおかけいたしました)

そこで、ようやく、本題の「その嘘に刺される」。
――申し訳ありません、前振りが長くって。
まぁ、それだけわたしとビビさんのかかわりも長いってことですなぁ。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

見た演劇 てのひらの虫<ルナティック演劇祭>

2014年5月29日。

いやぁ、おもしろかったッスよ。
先日、見に行くと申し上げていた、我らがビビさんが書いたお芝居「てのひらの虫」。

シチュエーションは、小学6年生クラス編成会議。
当初は、いろいろあるものの順調に進むかに見えた編成会議が、ある教師の体罰疑惑をきっかけに、その場の教師たち、その場にいない教師や生徒たちを巻き込んだ騒動になっていく――というオハナシ。
続きを読む
posted by 山久友 at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

今年も、ルナティック演劇祭

突然ですが、お知らせです。

昨年もおじゃましたんですが、今年もわれらがビビさん脚本担当された作品が参加するというので、おじゃますることにしましたよ、「劇団 あ ぁ ルナティックシアター『演劇祭』」。

「てのひらの虫」RASCAL
会場 小劇場 楽園
出演 大勝かおり、須山剛、三貝豪、金城秀平、片桐俊次
脚本 ビビ
演出 野元準也
料金 2,800円 〜 3,300円
サイト http://3rascal.blog.fc2.com/
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月29日(木)19:30/6月1日(日)13:00

続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

見た舞台 カミノキズ

2013年12月27日鑑賞。

ビビさん作、です。
RASCAL 第1回公演 「カミノキズ」。

セリフの応酬で畳みかけ、ところどころで笑いを取りながら、まるでスクリューコースターのようにラストに突き進む…そんなビビさんの必殺技をあえて封印した野心作――と、わたしには思えました。
舞台ですから、セリフのやり取りなしにはもちろん成立しませんが、無言のシーンも多く、セリフの量を極力削ぎ落としたタイトな脚本だったと思います。
続きを読む
posted by 山久友 at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

速報というほどでもない速報 第6回ルナティック演劇祭「殺意が死んだ夜」結果

詳しくはこちら!

ルナティック演劇祭速報!!
ビビの役に立たないシナリオ  2013年06月23日23:55


昨日(6/23)の21時くらいから数時間、「速報」が掲載されるのではないかとビビさんブログをこまめにチェックしていたのですが、挫折した直後に上の記事がアップされたようです…トホホ。
続きを読む
posted by 山久友 at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

見た舞台 殺意が死んだ夜 決勝バージョン

2013年6月21日鑑賞。

昨夜、拝見してまいりました。
ビビの役に立たないシナリオ」のビビさん脚本の「殺意が死んだ夜」。

stage34621_2.jpg
続きを読む
posted by 山久友 at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

祝「殺意が死んだ夜」予選通過!

おめでとうございます、ビビさん!
ほか出演者・スタッフのみなさん!

当ブログでもご紹介いたしました、第6回ルナティック演劇祭参加作品「殺意が死んだ夜」が、予選を通過されたそうです。

そして、決勝という名の追加公演が決定しました。

stage34621_2.jpg
続きを読む
posted by 山久友 at 20:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

見た舞台 殺意が死んだ夜

2013年5月29日鑑賞。

5月28日の記事でご紹介しましたビビさん作の舞台「殺意が死んだ夜」を見てまいりました。
いわゆる小劇場でのお芝居を何度も見てきましたが、ある意味「聖地」ともいえる下北沢では初めてのことです。
会場は小劇場 楽園
ユニークな形状の劇場でした。
正方形に近い舞台を90度の位置に2ブロックある客席から眺めるスタイルです。

本公演は、第6回ルナティック演劇祭の予選でもあります。
参加する12劇団から4劇団が決勝に進み、さらにグランプリが決まるのだそうです。

stage34621_1.jpg
続きを読む
posted by 山久友 at 13:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

「殺意が死んだ夜」を見に行きます

ひさびさに舞台演劇を見に行くことになりました。

当ブログごひいきさん(だった?)ビビさん作の舞台です。
場所は下北沢の小劇場 楽園
第6回ルナティック演劇祭参加作品殺意が死んだ夜
詳しくはこちら

2回ある日程のうち6月1日(土)の分はすでに完売だそうです。
明日5月29日(水)19時30分からの分は、昨日のブログ記事の段階ではまだ若干、席があるそうです。
そう言うわたしも今朝(5/28の10時ころ)予約しました。

すごく楽しみです。
内容もそうですし、ビビさんとお目にかかるのも何年か振り。
お忙しいでしょうから、大してお話はできないでしょうが。

ちなみにこれまでわたしが見たビビさんの演劇の感想はこちら↓です。

2008年08月07日
「三日月のバスジャック!」見てきました


2009年02月16日
見てきました、「満月に、同窓会。」


ミステリーに興味がある方、明日夜たまたま時間が空いているという東京近郊の方、ぜひお問い合わせ・お申し込みを!
posted by 山久友 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

「その嘘に、リボンを」を見に行った

ビビさんの劇団「ビビプロ」第3回公演であります。
その嘘に、リボンを

今回は、個人的に新たな試みとしまして、一家総出で拝見しに行きました。
私と、カミさんと、3歳の息子と、4カ月の娘です。

続きを読む
posted by 山久友 at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

勝手に宣伝その3 「その嘘に、リボンを」

「勝手に宣伝」シリーズ、第3弾です。
「『勝手に宣伝』シリーズ? なんだよ、それ」という方は、こちらこちらをご覧くださいまし。

ビビプロ第3回公演
その嘘に、リボンを

当ブログ常連であるビビさんの劇団の公演です。
概要やチケット購入については、リンク先をよくよくご覧くださいませ。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

「江戸の青空 〜Keep On Shackin'〜」

この舞台の存在を知ったのは、カミさんがこちらのファンクラブ会員だったからです。
昨日、見てまいりました。
江戸の青空 〜Keep On Shackin'〜
江戸落語が入り交じってひとつのオハナシになっています。
私はまったく落語に詳しくありませんが(聞くのは好きなんですが)、いくつかは「タイガー&ドラゴン」さんのおかげで知っている噺もありました。

そんな成り立ちの舞台ですから当然といえば当然ながら、落語を一席聞いた後のような楽しさが残ります。
オハナシ自体は、特にどうってことありません。
感動も教訓もありません。
ただただひたすらに楽しい。
そこのみを追究した舞台といって、差し支えないと思います。

続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

見てきました、「満月に、同窓会。」

先日ご紹介した、ビビさんの劇団・ビビプロの舞台「満月に、同窓会。」、2月14日19:00の回を楽しんでまいりました。

会場となった「相鉄本多劇場」は、映画館も複数入った「相鉄ムービル」というビルの中。
向かう途中、ビルの2階には上映作品のラインナップが掲示されていました。
「ベンジャミン・バトン」やら「感染列島」やら「007」やら。
そんな作品群と肩を並べて(?)上演するなんて、ビビさん、すげぇよ……! と、妙な感慨に浸りつつ会場へ。

続きを読む
posted by 山久友 at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

勝手に宣伝その1 「満月に、同窓会。」

買いましたよ〜!!

ビビさん!

満月に、同窓会。」のチケット!

……いきなり私信モードで失礼しました。
私もチケットを購入したビビさんの劇団「ビビプロ」の第2回公演「満月に、同窓会。」を勝手に宣伝です。
ビビさんは、言わずと知れた、本ブログの常連様(いつもありがとうございます)。
ご自身のブログもあり、チケットの購入方法なんかはこちらに詳しくございます。

続きを読む
posted by 山久友 at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

「三日月のバスジャック!」見てきました

感想遅くなって申し訳ありません(→ビビさん)。

以前にこちらのブログでも告知いたしましたお芝居です。
私が見たのは8/3(日)11:30amからの回。
ラスト1回前なので、いちばん完成度が高いのではないかしら、なんて勝手に想像してみたり。

おもしろかったです。

尼さん(と言いますか、シスターですね)ばかりが乗ったバスを阪神タイガースファンの男がバスジャックしちゃう、というお話です。
キャラクターの描き分けなんかは、ビビさん、楽しんで書いたんじゃないかなぁ。

「スウィング・ガールズ」パンフに載っていたキャラクター紹介をちょっと思い出しました。

続きを読む
posted by 山久友 at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

三日月のバスジャック!

本ブログにもお越しいただいているビビさんの劇団が8月に公演をなさるそうです。

ビビプロ
「三日月のバスジャック!」

昨年の10月と12月には劇団コチネレとして公演を打っているビビさん。
私はどちらも拝見いたしました。
しかしちょうど私の潜伏期間(笑)とダブっていたもので、宣伝も感想もブログにアップしていませんでした。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

「すてきな3にんぐみ[もうひとつの話]」

タイトルにあるのは、人形劇です。
詳しくはこちらをご覧くださいませ。
3連休初日の土曜日、家から徒歩圏内のホールで家族3人そろって見ました。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

阿佐ヶ谷で「あなたはロボット」

2月12日には、阿佐ヶ谷でお芝居を鑑賞。
「あなたはロボット」
続きを読む
posted by 山久友 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!