2013年12月26日

読んだ本 時代が見えるプロファイル脚本術

2013年10月28日読了。

特撮の「ウルトラ」シリーズや「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「六神合体ゴッドマーズ」など多くのアニメーションのシナリオ、さらには「宇宙皇子」といった小説でも有名な藤川桂介さんが脚本術を書かれました。
月刊ドラマの連載をまとめたものです。


続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

読んだ本 愚者の旅

2013年10月7日読了。

夏ごろ、某百貨店で開催されていた古書市で見つけ、購入しました。
存在自体は知っていた本ですが、なんとなく手が出ないままでいました。

10年ほど前に出版された本ですが、もうすでに絶版なんですなぁ。
まぁ、版元の理論社さんもいろいろありましたから、致し方のないことではありますが。


続きを読む
posted by 山久友 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

読んだ本 物語

2013年10月2日読了。

世界のキタノのインタビュー集(聞き手は紙面上まったく現れませんが、渋谷陽一さんです)。
その男、凶暴につき」から「アウトレイジ ビヨンド」までの自作について、その制作順に語っていらっしゃいます。
帯文には「すべての映画の脚本を語った」と書いてありますが、脚本自体について語っているのは主に前半。
後半になってくると(つまり現在に近づいてくると)、創作の秘密というより製作の裏話的要素のオハナシが多くなります。
そしてその大部分はどんな映画をどんなふうに考えて作っているか、現場で撮影に望み編集でどんなことに苦心しているかなどのオハナシです。


続きを読む
posted by 山久友 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

読んだ本 猫弁と少女探偵

2013年9月17日読了。

ついにシリーズ第4弾。
当ブログイチオシの「猫弁」シリーズです。



いきなりですが、悲しいお知らせが。
猫弁シリーズは、続く第5弾で完結とのこと。
作者の大山淳子さんがご自身のブログで述べていらっしゃいます。
ああ…。
三毛猫ホームズ」や「ズッコケ三人組」のように、著者の執筆人生と同じ時間だけシリーズが続くものと思って(願って?)いたので、本当に残念です。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

読んだ本 風に立つライオン

2013年8月31日読了。

さだまさしさんの、もう…何冊目になるのかわからない小説です。
(「精霊流し」「解夏」「眉山」「茨の木」「アントキノイノチ」「かすてぃら」「はかぼんさん 空蝉風土記」…8冊目?)

  

  

 

映画「解夏」で主演された大沢たかおさんの強いリクエストで、かつての自作曲「風に立つライオン」を長編小説化されました。



噂によれば、大沢たかおさん主演で映画化の話もすでにあるとか。
続きを読む
posted by 山久友 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

読んだ本 Kawade夢ムック 山田太一-テレビから聴こえたアフォリズム

2013年8月13日読了。

書店で発見して衝動買いしてしまいました。



とは言え、わたし個人は山田太一先生の連続ドラマはごくわずかしか拝見していません。
ちゃんと見たのは「あめりか物語」「ふぞろいの林檎たち」シリーズ、「日本の面影」「夢に見た日々」「ありふれた奇跡」くらいのものです。
それらとは別に「男たちの旅路」第4部第3話「車輪の一歩」は、なぜかリアルタイムで見た記憶があり、「山田太一」という名前はまったく意識していませんでしたが非常に強く印象に残っています。
続きを読む
posted by 山久友 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

読んだ本 星新一 一〇〇一話をつくった人

2013年6月29日読了。

うはぁ!
もう4カ月以上も前に読了していたんですねぇ…。

わたしが読んだのは、こちらの単行本版。



いまは文庫化されたこちらで読めるようです。

 

この本について記事化できていなかったために、続く本が糞詰まり状態(失礼)。
さっさと記事にしてしまいましょう。
続きを読む
posted by 山久友 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

かすてぃら

さだまさしさんが書いた小説であり、それを原作としたドラマが2013年7月7日よりNHKBSプレミアムにて放送が始まりました。

本は2012年5月7日読了。
もう1年以上前ですなぁ。


続きを読む
posted by 山久友 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

読んだ本 「物語」のつくり方入門 7つのレッスン

2013年5月17日読了。

ちょうど1年ほど前に出版された本です。
『物語』のつくり方入門 7つのレッスン」。
実は出たばかりのころ書店で気になって手に取ったことがあるのですが、そのときは購入しませんでした。
でも、それからしばらく気にかけ続けていて、この度ようやく購入にいたりました。



まず何より、本書全体のデザインが素敵です。
スミ(黒)と緑系の特色の2色刷り。
手描きの罫線、ところどころに入るイラスト。
どれを取ってもデザイン自体に遊び心があふれています。
また、本文中に具体的な作品名が出てくると、本なら表紙が、映画ならDVDジャケットが、著者名や監督名、版元や販売元とともに脚注として紹介されているのも親切です。
続きを読む
posted by 山久友 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

読んだ本 あずかりやさん

2013年5月14日読了。

「猫弁」シリーズでおなじみの大山淳子さんの最新刊です。
あずかりやさん」。
タイトルから醸し出される雰囲気そのままの、現代の大人のおとぎ話。
主観が次々と入れ替わる連作短編というスタイルも「おはなし」感を増しています。
読み始めは「今回はついに猫を封じたか!?」と思いつつ読み進めていたのですが、やっぱり今回も猫が登場します。
考えてみれば、カバーイラストにも登場していますもんね。


続きを読む
posted by 山久友 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

読んだ本 猫弁と指輪物語

2013年2月23日読了。

ついこのあいだ読み終わったばかりだと思っていたら、もう2カ月前の出来事でした。
猫弁シリーズ第3弾「猫弁と指輪物語」。
今日まで当ブログは「猫弁」まつり



シリーズ中、いまのところいちばん好きかも。
どれも好きなんですが、好きの度合いがいちばん強い、という意味です。
続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

読んだ本 聞き書き 倉本聰 ドラマ人生

2013年4月10日読了。

書店店頭で偶然発見し、その日のうちに購入しました。
あっという間に読み切った読後感がありましたが、読了するまで実質10日間かかっていました。


続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

読んだ本 はじめての編集――“編集なんて関係ない”と思っているあなたにこそオススメ

2012年5月15日読了。

わたくし、シナリオライターに憧れ、職業とすることを目指してこんなブログを主宰していますが、現実には出版業界の片隅に身を置くことを生業としています。
職業柄、書店をプラプラしていても「出版」とか「編集」と名のつく書籍はすばやく目に飛び込んできます。
本書との出会いも、そんな一瞬の出来事でした。



現在ではほとんど見かけることのないビニール製のカバーが掛けられており、姿形そのものが「編集」という言葉のもつ、ある種のオーラを放っていました。
続きを読む
posted by 山久友 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

「猫弁と透明人間」発売!

そろそろだなぁ、とは思っていましたが。
何の気なしに先ほどAmazonさんを検索してみたら、もう出ていました。
以前、本ブログでもご紹介したTBS・講談社 第3回ドラマ原作大賞受賞作「猫弁〜死体の身代金〜」の続編です!
(出版にあたり書籍は「猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち」に改題)

猫弁と透明人間



作者の大山淳子さんはシナセンゼミの仲間でした。
前作も、その原作ドラマもおもしろかったので、本作も期待大。
帰りにどこかの書店で買っていこう。
みなさんも、ぜひどうぞ。
posted by 山久友 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

読んだ本 天使のなみだ。

2012年4月17日読了。

ツイッターのフォロワーさんである荻田美加 @cherryboozer さん作の小説です。
いわゆる「ケータイ小説」に分類されるのでしょうか。



正直、3章までは辛かった。
ですが、4章に入ってから俄然おもしろくなり始めました。
続きを読む
posted by 山久友 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

読んだ本 猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち

2012年4月9日読了。

TBS・講談社 第3回ドラマ原作大賞受賞作です。
作者の大山淳子さんは、シナセンの作家養成講座およびゼミでの友人です。

単行本・文庫本がほぼひと月の間に発売されており、私は両方入手しましたが、実際に読んだのは文庫本です。

↓こちらが文庫本


↓こちらは単行本(完全版)


そして、今夜(4月23日21:00)、彼女自身がシナリオも手がけた本作のドラマが放映になるのです!

猫弁〜死体の身代金〜 公式サイト

続きを読む
posted by 山久友 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

読んだ本 ウルトラマン妹(シスターズ)

2012年3月23日読了。



いわゆる「ラノベ(=ライトノベル)」というものを初めて読みました。
買うとき…というか売り場で探すとき、ちょっと勇気が要りました(笑)。
続きを読む
posted by 山久友 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読んだ本 アイリス1〜3

2012年3月15日読了。







韓国で大ヒットしたというイ・ビョンホンさん主演のスパイアクションドラマを、小林雄次さんがノベライズされました。
続きを読む
posted by 山久友 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読んだ本 牙狼暗黒魔戒騎士篇 新装版

2012年2月24日読了。



朝日ソノラマ版は既読です。
そのときの感想はこちら。
「牙狼」の小説|シナリオ道ぶらり旅
今回、それから5年と数カ月ぶりに新装版を再読しました。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読んだ本 牙狼〜妖赤の罠〜

2012年2月16日読了。



久々に小説で「牙狼」の世界に浸りました。続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!