2014年11月22日

見た映画 クロニクル

2014年1月29日鑑賞。

あちこちでよい評判しか聞かなかった「クロニクル」。
ついに見ました(とは言っても、本記事公開時点で10か月近く以前の鑑賞ですが)

劇中に存在しているカメラを通した映像のみで1本の映画にするというワンアイデアを活かし切った点が素晴らしい。
似たアイデアの作品に「ブレア・ウイッチ・プロジェクト」っていうのがありましたけど、こちら「クロニクル」のほうが断然素晴らしい(あとは「クローバーフィールド/HAKAISHA」っていう作品も“ホームビデオ風の主観的映像”らしいですが、わたしは未見です)。
本作は、このカメラ手法による工夫のおかげで、ドキュメンタリー的な要素と自由自在なカメラワークとを同時に手に入れています。

 

SFであり、アクションであり、最後は大変なバトルへと発展してしまうワケですが、根幹はナイーブな青春モノ
あることをきっかけに得てしまった特殊能力を試す方法が、思春期の少年っぽくて微笑ましいやら馬鹿馬鹿しいやら。
やがてそのチカラを持て余し、過信し、思い上がる――青春特有のそうした過程をたどるディテールの積み重ねが巧みです。

本作の監督ジョシュ・トランク氏は、「スター・ウォーズ」の第2弾スピンオフや「ファンタスティック・フォー」の再映画化に携わるとか。
そりゃあ、こんな作品撮っちゃった若き才能を、ハリウッドが放っておくことはありませんやねぇ。

posted by 山久友 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409327536
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
my pet!
adopt your own virtual pet!