2014年05月22日

見た映画 レイダース/失われたアーク《聖櫃》

2014年1月4日鑑賞。
新・午前十時の映画祭」にて。

2度目の鑑賞です。
レイダース/失われたアーク《聖櫃》」。

 

最初に拝見したのは、当ブログでも紹介したこちらのとき。

2010年06月30日
「インディ・ジョーンズ4作品イッキミ! インディ・ジョーンズ 失われた魔宮は最後の王国」に参加した!


このとき上映されたフィルムは非常に劣化しており、全編夕焼けみたいな状態でした(それでも充分に楽しくておもしろかったんですけどね)。
ぜひ公開時に近い色合いでも見ておきたいもんだなぁと、今回再び劇場に足を運びました。
何度見ても(と言いつつ、まだ2回目ですが)おもしろいものはおもしろい。
ただもう、ひたすらにおもしろい。
なんなんでしょうね、これは。
特に有意義でも有益でもないのに、本作を見た時間をもったいないとは感じない。
それどころか、再び三度、こんな時間を過ごしたく思うのです。

以前当ブログで、「シナリオの使命は、誰かの時間に付加価値をつけることなんじゃないか」という記事を書いたことがあります。

2009年08月06日
時間に付加価値をつける


まさに本作は、観客の時間に至福の付加価値を与えてくれます。
しかしまた一方で、そんな付加価値の至福に何度でも浸りたいと思う、中毒性の作用も有しています。
まるで、麻薬のように。
考えようによっては恐ろしいことです。

――ちょっとこのことは、時間をかけて考えてみたいテーマですなぁ。
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397622674
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
my pet!
adopt your own virtual pet!