2013年08月19日

“登場人物が勝手に動き出す”は、是か非か

登場人物が勝手に動き出す”って、シナリオや小説の作家さんから飛び出す言葉としてはプラスのイメージで発信されることが多いですよね。
わたし自身もそんな印象を持っていました。
自分自身の体験と重ね合わせても。

ところが。
いまをときめく脚本家、“天才”古沢良太さんは別の見解をお持ちのようです。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

ミズタクは「あまちゃん」の中のクドカン

もう、タイトル通りです。
きっとクドカンさんは、「自分が『あまちゃん』の世界に飛び込むならこのポジションがいいな」と思って水口琢磨(通称ミズタク、松田龍平さん)を造形しているはずです。
――いえ、なんの証左もないんですけどね。
続きを読む
posted by 山久友 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

「あまちゃん」シナリオ的深読み見どころ2題

もういくつめの記事か思い出せない「あまちゃん」ネタです。
タイトルにある通り、話題は2つ。
ホントは2つの記事に分けたいところですが、ボサボサしているとどんどん鮮度が落ちていくので、やむなく1本の記事にまとめてしまいます。
続きを読む
posted by 山久友 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

見た映画 モンスターズ・ユニバーシティ

2013年8月1日鑑賞。

モンスターズ・インク」の続編、マイクとサリーが出会う大学時代を描いた「モンスターズ・ユニバーシティ」であります。
同日に鑑賞した「きっと、うまくいく」と、期せずして“大学モノ”2本立てになってしまいました。
そして、「きっと、うまくいく」でもそうであったように、本作でも主人公の強大な敵となるのは学長だったのです。


続きを読む
posted by 山久友 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

見た映画 きっと、うまくいく

2013年8月1日鑑賞。

インド映画です。
原題は「3 idiots」、言ってみれば「大バカトリオ」。
きっとこのタイトルじゃあ内容が変わらずとも、これほど話題にならなかったでしょう。
そこで邦題は「きっと、うまくいく」。
タイトルって、だいじです。
ちなみに、したまちコメディ映画祭で上映されたときは「3バカに乾杯!」というタイトルだったそうな。
“乾杯!”とつけてちょっと気分をアゲてみていますが、やはり“3バカ”ではねぇ…。


続きを読む
posted by 山久友 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

見た映画 風立ちぬ

2013年8月1日鑑賞。

崖の上のポニョ」以来5年ぶりとなる宮崎駿監督の新作「風立ちぬ」。
前作の議論を呼ぶ問題作ぶりとは打って変わって、実在の人物や出来事を基本とした落ち着きめの作品。
ですが、史実を元にファンタジーの翼を思い切り羽ばたかせた作品に仕上がっています。

現にパンフレット掲載の年表を拝見すると、堀越二郎さんと堀辰雄さんとのエピソードをうまい具合に(というか、ある意味“節操なく”)混ぜ合わせていることがわかります。
浅学ながら、堀越二郎さんと堀辰雄さんに何らかのつながりがあるのかどうか存じ上げません。
事実として関係はなかったとしても、宮崎駿監督の中では何かシンクロするものがあったのでしょう。


続きを読む
posted by 山久友 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!