2012年07月25日

見た映画 ロボット〈完全版〉

2012年7月1日鑑賞。

 

マサラムービーが「ターミネーター」みたいな映画を撮ったら…という、ドリフの「もしもシリーズ」コントみたいな映画。

お話はいたってシンプルで、テーマも言ってみれば古くさい。
「ロボットが心を持ったら何が起こるか、どうなるか」。
人によって想起される旧作はいろいろでしょうが、私は「アンドリューNDR114」という作品を思い出しました。


続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見た映画 愛と誠

2012年7月1日鑑賞。

 

なにより、ミュージカル仕立てという発想に至ったのが拍手喝采もの。
いかにしてそのアイデアが生まれ出てきたのか――と興味津々でしたが、パンフレットを読むと、脚本の宅間孝行さんのアイデアらしい。
長年、舞台で培ってきた直感とでもいうのでしょうか。
素晴らしい発想です。
メインのキャスト全員(9名)が、主に昭和歌謡(一部オリジナル)を必ず1度は唄って踊ります。
それもフルコーラス。
もうそれだけでエモーショナルでユーモラスで、ワクワクするようなムズムズするような、不思議な映像体験となっています。
続きを読む
posted by 山久友 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

世界は刻々と動いている

最近めっきり、感想・レビューブログと化している当ブログ。
たまにはシナリオブログらしい記事を。

Twitterには書いたのですがこちらでも。

シナリオ作家協会さんほかの主催される新人シナリオコンクールが、今回(第22回)より、「シナリオ作家協会製の指定原稿用紙を使用しなくても応募できるようになりました」!
いやぁ、これは本当にめでたいことです。
いままでこの規程があったためにまったく魅力が感じられなかったのですが、俄然、興味が湧いて参りました。
続きを読む
posted by 山久友 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

読んだ本 はじめての編集――“編集なんて関係ない”と思っているあなたにこそオススメ

2012年5月15日読了。

わたくし、シナリオライターに憧れ、職業とすることを目指してこんなブログを主宰していますが、現実には出版業界の片隅に身を置くことを生業としています。
職業柄、書店をプラプラしていても「出版」とか「編集」と名のつく書籍はすばやく目に飛び込んできます。
本書との出会いも、そんな一瞬の出来事でした。



現在ではほとんど見かけることのないビニール製のカバーが掛けられており、姿形そのものが「編集」という言葉のもつ、ある種のオーラを放っていました。
続きを読む
posted by 山久友 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

ドラマ リーガル・ハイ

2012年4-6月期に見た唯一の連続ドラマ「リーガル・ハイ」。
堺雅人さん演じるクセのある無敗弁護士・古美門研介を主人公としたコメディです。

見たいと思った理由はなんと言っても、脚本が「あの」古沢良太さんだったからです。
本ブログにお越しいただいているみなさんには「釈迦に説法」とは思いますが、古沢さんといえば映画「キサラギ」、「Always 三丁目の夕日」シリーズ、「探偵はBARにいる」などなど、テレビドラマも「相棒」シリーズなどを手がけていらっしゃる脚本家です。





私なんかが言うのもおこがましいんですが。
やはり、巧い。
キャラクター造型、人物配置、セリフ、何を見せ何を隠すか、パロディのはさみ方、どれも見事な裁き――ではなく、捌きっぷり
笑わせ、ジーンとさせ、ハッとさせ、エ゛ーッ!!と驚かせる。
これだけ楽しませビックリさせられたら、そりゃあ、引きこまれてしまいます。
続きを読む
posted by 山久友 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!