2008年07月30日

「企画の立て方」読破

kikaku.jpg
映人社・月刊ドラマ
別冊『企画の立て方』


「読破」って、タイトルにつけてしまいましたが、それほどのボリュームではありません。
サクッと読めます。
ただ、的確な分量にして充分な内容が盛り込まれています。

基本的な内容は、著者である柏田先生がシナセンで実施されている「企画書講座」そのものです。
私は一度受講の経験がありますので、「ああ、そうそう、そうだった」と復習のように読み進みました。

続きを読む
posted by 山久友 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

ニュース記事より その2

こんな記事を偶然、見つけました。

16歳福永マリカが最年少脚本家デビュー
(2008年7月28日06時02分 スポーツ報知)

女優・福永マリカ(16)が、BS―iのドラマ「東京少女」(土曜・後11時)で史上最年少で脚本家デビューすることが27日、分かった。映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」などの若松孝二監督(72)との“56歳差コンビ”での映像化。ブログにつづった文章がきっかけで、大抜てきされた。福永は「面白いという自信はちょっとあります」と才能を披露している。「家出のススメ。」という題名で8月9日に放送される。

何が驚きって、16歳ということより若松孝二監督が映像化するということ。
私が生まれて初めてシナリオを書いたのは14歳のときですので、それよりはお姉さんですもんね。
まぁ、私の場合、書いただけで、映像化の箸にも棒にも引っかかってはいないのですが。
というより、いまだに書いたモノの映像化の兆しさえないのですが。
「若い」ってことの底力を見せつけられた気分です。
posted by 山久友 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュース記事より その1

公式サイトはずっとチェックしていたのですが、そちらに発表されていなかったので見逃していました。

高橋幹子さんに大賞…フジテレビヤングシナリオ大賞
(2008年7月26日00時02分 スポーツ報知)

「東京ラブストーリー」などの脚本を手掛けた坂元裕二氏(41)らを輩出した「第20回フジテレビヤングシナリオ大賞」が25日、東京・台場の同局で発表され、さいたま市の会社員・高橋幹子さん(33)の「戦士の資格」が大賞に選ばれ、賞金500万円が贈られた。

どうやら、大賞受賞者の方を含む4人中3人がシナセン出身者のようです。

次回第21回の募集要項はいつごろ出るかな?
posted by 山久友 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞

もう、3日も前のことになってしまうのですね。
函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞、無事、応募しました。
念のために最終日25日には有休を取り、万全の体制で臨んだはずでした。
夕方くらいまでには余裕で発送するはずでした。

ところが。

続きを読む
posted by 山久友 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の研修科ゼミ

もう、4日も前のことになってしまいますね。
3年4カ月間在籍した研修科ゼミを修了しました。
正確に言いますと、第W期の企画書を今月中に提出予定ですが、ゼミは7/24が最後でした。
なんだか実際過ぎてしまうとあっけないもの。
「淋しいな」と思う反面、「もう充分だよ」という心の声もどこからか聞こえてきます。
居心地のいい雰囲気に甘えてしまうんですよねぇ。
いい加減、違う環境に身を置いて新たな刺激にさらされたほうがいい時期なのだと思います。

前にも書いたと思いますが、こんなに長いこといるつもりではありませんでした。
3年4カ月のうち、半年分以上休講してしまいましたし。
金銭的・時間的にもったいないことをしてしまいました。

このゼミを通してかかわりのできたすべての方々に感謝します。
posted by 山久友 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

怒濤の「万葉ラブストーリー」

なんと!
5月に募集締め切り、
6月に結果発表、
9月に放送予定、
という驚きのスケジュールで進行している「ドラマ万葉ラブストーリー」。

早くも第3回の脚本募集要項が発表されました!
舞台は「春の奈良」。
締め切りは12月。
結果発表は翌年1月。
なんだか、「すごい」という言葉しか出てきません。
フットワーク軽いといいますか、勢いづいているといいますか。
今度こそ余裕を持ったスケジュールで、再挑戦したいものです。
posted by 山久友 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ通信簿

基本的に新しモン好きなので。
やってみちゃいました。

ブログ通信簿

当ブログの結果はこんな感じでした。

tushinbo_img.png

(↑クリックすると大きな画像を見られます)

「29歳・女性」というのが、言い得て妙。
最新記事10件を元に診断するそうですから、更新が進んだらまた試してみようかしら。
posted by 山久友 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとまず最後まで

書き切りました。
函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞
時間的には今朝までかかってしまいましたが。

これで「出せない」という最悪の事態は避けられそうです。
あとはどこまで粘って納得いくまで磨き上げられるか。
制限時間をめいっぱい有効に使いたいと思います。
posted by 山久友 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

珍しく連ドラの話題

こんな連ドラが10月期にスタートするそうです。

主演・二宮x脚本・クドカンx原作・東野 ミステリードラマ「流星の絆」
(2008年7月23日 紙面から Copyright c The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved)

TBS系=CBCテレビの10月期金曜ドラマ(午後10時)が、嵐・二宮和也(25)主演のミステリー「流星の絆」に決まった。22日発表された。人気作家・東野圭吾氏の同名小説が原作で、脚本は初めてミステリーに挑む宮藤官九郎(38)が担当する。

東野さんについてはほとんど無知です。
「手紙」って、東野さんですよね。
クドカンさんとミステリー。
この異質なものの組み合わせは魅力的です。

10月期はほかにこんな連ドラもあります。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:13| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半分書いたけど、半分に届かない

何やら禅問答のようなタイトルになってしまいました。
連日の寝不足で、少々頭がボーッとしています。
目下、函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞応募作品と格闘中です。
「格闘中」っていうのは、ちょっと正しくないかな。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

野茂英雄投手、引退

野茂英雄投手が引退を決意されたそうです。

野茂英雄が現役引退 HPで表明 日米で201勝
(毎日新聞 2008年7月17日 19時17分)

野茂引退 トルネード、日米に旋風 ノーヒット・ノーラン2度
(毎日新聞 2008年7月18日 東京朝刊)

桑田真澄投手に続き、同世代プロ野球選手の引退です。
(厳密に言うと桑田さんは学年が1つ上ですが誕生日はひと月ほどしか離れておらず、野茂さんは学年はいっしょですが、誕生日は3カ月ほど離れています)
やはり世代的にプロスポーツといえばプロ野球なので、「野球大好き!」っていうほどではありませんが節目ごとに気にはなります。

なかでも野茂さんは大リーグへの道筋をつけた人で、当時は純粋に驚きました。
個性的な投球フォームを貫いたまま実績を残したことも素晴らしいと思います。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

この本、楽しみ

kikaku.jpg
映人社・月刊ドラマ
別冊『企画の立て方』14日に発売


……だそうです。
一度だけ、先生の企画書講座を受講したことがあります。
この本、楽しみです。
今日、シナセンで購入予定です。
1割くらい、安くなっていることを期待して……(笑)。
読んだら、感想などまた記事にするつもりです。
posted by 山久友 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「城戸賞」用作品の全体像が見えてきた

先週に引き続き、第W期課題「シノプシス」を書きました。
本来「シノプシス」は「1回の直し」が可能となっているのですが、私が属しているゼミでは「直しの分を別のシノプシスにしてもOK」ということなので、私は別バージョンで提出することにしました。
だって、シノプシスとしての完成度を高めたいわけではありませんからね。
少しでも多くのシノプシスを書いて添削していただいたほうが自分のためになると判断したのです。

で、今回書いたのは「城戸賞」用のシノプシス。
ただ、キャラクターの原型は足かけ4年ほど前から温め続けてきたものの、いまだ作品化していないものです。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

まとめない、いい話にしない

今日はサクッと。
自戒の覚書ということで。

現在、「函館港イルミナシオン映画祭」に向けたシナリオと、明日ゼミで提出する予定の「城戸賞」用のシノプシスを同時進行中です。
頭ン中がしっちゃかめっちゃか。
今夜はどうしたってシノプシス優先になるとは思いますが。

先週提出した「函館港イルミナシオン映画祭」用シノプシスは明日、添削していただいて戻ってくる予定ですが、読み返すとすでに反省点がてんこ盛りです。
何と言っても、後半、主人公が困ってない!
オハナシとして「まとめよう、まとめよう」としちゃってます。
悪いクセです。
もっともっと困らせないとなぁ。
そしてその困難をどうやって乗り越えさせるか。
もっと突っ込んで考えないと。
ちょっといい話は、下手なカラオケみたいなもので、書いている(≒唄っている)本人はいい気分ですが、観客にとってはまったく魅力的でないことを忘れないように。

今週に入ってからずっと寝不足ですが、今夜も徹夜覚悟ですな。
posted by 山久友 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

シナリオを出版で成立させるという発想

めずらしく、月刊「シナリオ」最新号を読んでいます。
なぜなら、ゼミ仲間だった方のシナリオが掲載されているから。
今朝から読み始め、出だしの4分の1から3分の1くらいまで読み進んだでしょうか。

いやあ、おもしろい!

ゼミにいらしたころから彼女のシナリオは好きでした。
印象に残っているものも何本かあります。
やっぱりキャラクターが強いですね。
どんな人物かイッパツで伝わるし、そのためのエピソードの選び方もセンスを感じます。
この先、読むのが楽しみでたまりません。
じつを言うと最近は、月刊「シナリオ教室」なんかに掲載されているシナリオは、よほど興味があるか、知人が書いたものか、20枚程度の短いものしか読みません。
……というよりも、読み切れないうちに次号が手元に来てしまうのです。
そんな私が、ひさびさに「シナリオを読む」喜び・楽しみにひたっています。

続きを読む
posted by 山久友 at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

三日月のバスジャック!

本ブログにもお越しいただいているビビさんの劇団が8月に公演をなさるそうです。

ビビプロ
「三日月のバスジャック!」

昨年の10月と12月には劇団コチネレとして公演を打っているビビさん。
私はどちらも拝見いたしました。
しかしちょうど私の潜伏期間(笑)とダブっていたもので、宣伝も感想もブログにアップしていませんでした。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

「書く」って「考える」の百億倍素晴らしい(当社比)

昨日の記事で憂慮しておりました、第W期「シノプシス」を1本書きました。
ペラ20枚分のシノプシスを書いたのは初めてでした。
函館港イルミナシオン映画祭に出すつもりのシナリオの原案です。
だから、どうしても今日出して来週添削を返していただかないと間に合わなかったのです(7/25消印有効)。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

想像以上に重たい第W期

シナリオセンター研修科には選択過程の第W期というのがあります。
私はいま、この第W期をやっている最中です。
何度か本ブログ記事内にも出てきていると思いますが、第W期について改めてご説明しますと、基本的には課題30本を書ききってから取り組む課題で、「直し」「シノプシス」「企画書」があり、「シノプシス」と「企画書」はそれぞれ直しを1回ずつ再提出することができます。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

「キャンディ キャンディ」の主題歌

突然どういう記事じゃ、というツッコミもあるやもしれませんが。
ご容赦を。

ある年齢以上では男女問わず多くの方が知っているであろう「キャンディ キャンディ」の主題歌。
歌詞はこんな感じです。
1番だけなら、私もソラで唄えます(まぁ、誰も聞きたくはないでしょうけど)。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「古畑中学生」

いまさらなのですが、ひと月前に録画していた分をようやく見ました。
「古畑任三郎」の中学時代を描いた「古畑中学生」。



倒叙式が定番の「古畑」ですが(ってエラそーに語るほど「古畑」を見倒しているわけではないのですが)、今回は中学時代の古畑がホームズに傾倒しているため、「犯人探し」タイプになってしまったのは致し方ない、というよりも必然でありましょう。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!