2008年06月23日

明日の神話

asu_no_shinwa_619_1_1.jpg
(画像は東京都現代美術館ホームページより拝借)

東京都現代美術館で6月22日のみ無料公開だったので、土砂降りの中、見に行ってきました。

「明日の神話」の詳しいことはこちらをどうぞ。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

速報・第2回万葉ラブストーリー脚本募集結果発表

こちらで結果が発表されています。

私のは……どうだったんでしょう。
間に合わなかったから当然のように審査の対象にならなかったのか。
温情で審査していただいたにもかかわらずダメだったのか。
それだけでも知りたい気がします。

やっぱり、コンクールは(だけに限りませんが)先手が鍵!
後手後手に回れば回るほど、苦しいし、悔しいし、質も低下します。
わかっていても、できない自分にいらだちます。
その辺の思い、ブログに書きたいと思いながら放ったらかしになっていて、それもいらだちの原因となっています。
時間と気分が味方してくれたら、近々まとめてみたいと思います。

何はともあれ、受賞されたみなさん、おめでとうございました。
ドラマの放映が楽しみです。
posted by 山久友 at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

「茨の木」読了

先日、「読み始めました」とお知らせした「茨の木」を読み終えました。



これまでのさださんの小説にはなかった各種の要素が盛り込まれています。
ロードムービー的要素。
サスペンス的要素。
アクション的要素。
ミステリ的要素。
どれも「シンガーソングライター・さだまさし」からはイメージしにくいかもしれませんが、モノマネではない独自の世界を展開しているように感じます。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

訃報・水野晴郎さん死去

速報です。

これで、「映画評論家」という肩書きは、おすぎさんの独壇場なのでしょうか。
あ、佐藤忠男さんとか品田雄吉さんとか、まだご存命でしたっけ。
Wikipediaで検索したら、日本の映画評論家の方々ってこんなにいらっしゃるそうです。
ま、もっともこの一覧にはお隠れになった方々も多数いらっしゃいますがね。

水野さん、私の両親と同世代。
身につまされます。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
posted by 山久友 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「クライマーズ・ハイ」

あの事故のことは、鮮明に覚えています。
1985年8月12日。
月曜日だったと思います。
クイズ100人に聞きました」を自宅で見ていたときに、第一報のニュース速報が入りました。
たまたま前の週の同じ月曜日に航空機に乗ったばかりだったこともあり、ドキドキしながらテレビの前でコトの成り行きを見守った覚えがあります。
翌日昼前の、「生存者確認!」という、自衛隊員に少女が抱きかかえられヘリコプターに引き上げられる映像もリアルタイムで目にしました。

そんな、日航機墜落事故を背景とした、地方新聞社のドラマです。
クライマーズ・ハイ



私はいずれも未チェックですが、原作小説、およびテレビドラマとも好評なのを受けて、満を持しての映画化。


ハードルは一段と高くなっていたはずです。
それでも、2時間25分、見応えがありました。

続きを読む
posted by 山久友 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

読み始めたばかりの「茨の木」

さだまさしさんの新作「茨の木」を今朝、読み始めました。



5月の第二週あたりに発行され、その時点ですでに購入していましたが、ようやく読み始めです。
人一倍、遅読のわたくし、通勤途中の数十分とはいえ、読み進んだのはまだ数十ページのみ。
でも。
たったそんな分量なのに、「おっ」と思わせられる部分がありました。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

第34回城戸賞応募規定発表

何はともあれ、城戸賞です。
第34回の応募規定が発表されました。
日曜日であっても、8月31日必着は崩れないのですね。
流石です。
何を書くかはまだ決めていませんが、やはり血が騒ぎます。
昨年は途中断念して、それをきっかけにシナリオから遠ざかってしまいました。
今年は何がなんでも書き上げて応募するつもりです。
posted by 山久友 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

「ミラクル7号」

チャウ・シンチーの新作「ミラクル7号」。
試写会で見てまいりました。



ひとことで言って「ハッピーな気分になれます」。
ただまぁお得意の「過剰すぎて時折笑えないCG」や「生理的嫌悪感に訴えるギャグ」も健在で、この辺りがお好みでないみなさんにはオススメできません。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

再び「アフタースクール」

先週中に、もう一度、見てまいりました。
アフタースクール」。



物語の展開を知ったうえで見ると、やはりいろいろと気付く点がありました。
何よりも大きかったのは「思った以上に個々のキャラクターが描き込まれているんだ」という点です。

続きを読む
posted by 山久友 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!