2008年05月29日

「キャラクターメーカー」

マンガ原作者であり、評論家でもあり、現在は大学の教壇に立つ教官でもある大塚英志氏の著作、「キャラクターメーカー」。



これまでも私は、氏の「物語の体操」「キャラクター小説のつくり方(最近は文庫版が出ている模様)」など、創作系の著書を読んでいました。
リンク先のレビューにも現れている通り、好き嫌いが分かれる著者のようです。
私はドンピシャ合いました、少なくとも創作論に関しては。

本書もこれまでの創作論の流れを汲んでいますが、より実践的。
実際に著者が教壇で行ってきた授業のレジュメを元にしており、ワークショップでは学生さんの作例が掲載され、解説が付されています。
詳しい内容については、私が下手くそにまとめるより、こちらの「マインドマップ的読書感想文」さんの紹介ページをご覧いただいたほうがわかりやすいでしょう。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

「男はつらいよ」40周年プロジェクト

今年で「男はつらいよ」が誕生して40周年なんだそうです。
で、こんなプロジェクトが計画されているとか。
「寅さんあんぱん」には正直、膝が崩れる思いでしたが。
前にもどこかで書いたか述べたかしたかもしれませんが、私は「男はつらいよ」って、実質的な最終作の第48作しか見たことがありません。
無料の券をたまたま知り合いからいただいたのです。
でも、そのときの感想は「つまんねぇな……」でした。
寅さんとリリーさんとで昔話されてもなぁ、こちとら、そんな話、知らねぇやい! ってな感じだったのです。
よっぽど、併映の三宅裕司さん主演「サラリーマン専科」のほうが楽しめました。

だから、なんだか口惜しいのです。
自分は、寅さんの本質と、まだ出会えていないんじゃないか、と思えて。

続きを読む
posted by 山久友 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

「アフタースクール」を見た…けど、また見に行く

あちこちで話題沸騰の「アフタースクール」。



その証拠に、日曜日昼の回の上映開始ギリギリに行ったら、その回はもう満席で見られませんでした。
すぐに別の劇場に電話してみたら「今日の分は最終回のみ席が残っています」とのこと。

エライこっちゃ、です。

ですから今回は、リベンジ。
でも月曜夜だったためか、気負った割にはすんなり入場できました。

で、内容ですが。
これはね、うかつにオハナシできませんわ。
人物によっては、役名自体がネタバレだったりします。

続きを読む
posted by 山久友 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

どんな題材、どんなテーマを書きたいですか

こういう質問がいちばん弱い。
子どものころの「大きくなったら何になりたいですか」と同じくらい苦手な質問です。

究極的には、私の中に「テーマなんかない」し、同時に私にとっては「森羅万象のすべてがテーマ」であるからです。

「工芸作家のような脚本家」を私は目指しています。
なかば、憧れにも近いのですが。
誰かに使っていただける前提で作品を作りたいのです。
できればオーダーメイドで。

ただ、「これは自分が作ります」と言い出さないと、誰も「作って」と言ってこないだろうなぁ、と思っている題材もあります。
そのひとつが「1型糖尿病」。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(1) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

「『朝』日記の奇跡」



本ネタ2連発、です。

『朝』日記の奇跡」――奇跡、だなんて、ちょっと胡散臭いですね。
正直、そういう鼻につく部分がなくはありません。
盛んに「夢を持て、夢を持て」と鼓舞するところなんか、特に。
しかし、本書の内容を取捨選択し、素直に、自分流に運用すれば、得る益は計り知れない気がします。

じつは少し前から気になっていて、たまたま某○ック○フで見つけたので買ってみました。
前のエントリにあった「経験」を増やし、データベース化する手段のひとつとして取り組んでみようか、と思ったのです。

要は、連用日記を朝に書こう、ということです。
デジタルの手法では、エクセルでその日記を書きます。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「案本」



副題に、「『ユニーク』な『アイディア』の『提案』のための『脳内経験』」とあります。

著者がコピーライターさんですので、あくまでも「広告」を題材として話は進められていますが、クライアントを「プロデューサー」、大衆を「視聴者・観客」と読み替えれば、シナリオにも十分通用する内容となっております。
「こうすれば、アイディアがこんなにたくさん作れます!」みたいなハウツー本ではありません。
ちょっと、次元が違います。
ある意味、思想や生き方を説いた人文学本とも取れますし、アイディアを生み出すシステムを構築するための基礎を説いた理論書とも取れます。

内容は、私がグダグダ書くのをお読みいただくよりも、こちらのブログ「マインドマップ的読書感想文」さんにくわしいので、こちらをご覧ください。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:17| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

サラリーマンNEO シーズン3

いまさら感が漂う気もしますが。
サラリーマンNEO シーズン3」。
わが家で毎週必ず見ている数少ない番組のうちのひとつです。
きちんと見始めたのは「シーズン2」から。
ご存知ない方のために手っ取り早く説明すると、サラリーマンおよびOL、会社をモチーフとしたコント集番組です。
コントの合間に「テレビサラリーマン体操(カミさんの大のお気に入り)」「世界の社食から」「はたらくおじさん」などの企画コーナーも挟まります。
最近のバラエティ番組はよく知りませんが、過去の番組でいうと「今夜は最高!」なんかが近いのでしょうか。
あと、私はさすがに知りませんが「シャボン玉ホリデー」とか「ゲバゲバ90分」とか。
NHK番組のパロディーを本家と同じオープニング映像を使ってやったりするので、芸が細かい。
最新作「厚姫」は、大河ドラマ「篤姫」の題字を書いた同じ人に「厚」の題字を書いてもらったようですし。

続きを読む
posted by 山久友 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

万葉熱

カミさんには、そう命名されたのですが。
9日金曜日から熱が出ました。
大した高熱ではなく、37度台半ばがだらだら続く感じです。
土日はただただ布団に横たわり眠りこけていました。
それでも今朝には36度台に落ち着いている辺り、社会人の悲しいサガを感じてしまいます。
普通に仕事をこなし、先ほどなど熱を計ったら35度台でありました。

万葉ラブストーリー」の原稿は、5/10(土)9:49am、無事(?)NHK奈良放送局に到着した模様です。
はてさて審査対象となりますことやら。

そんなこんなで、もちろんスーパーシナリオグランプリは断念。
もしかすると初めからご縁がなかったのかもしれません。

続いては、研修科課題第W期の続きとこちらのコンクールに気持ちをシフトしますか。

布団でゴロゴロしすぎた影響か、市販の風邪薬の副作用か、体がフワフワした感覚が抜けません。
posted by 山久友 at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

自業自得

たったいま、帰ってまいりました。
どこからかって?
郵便局です。
自宅近くの本局です。

──それはそうと、ずいぶんとごぶさたしてしまいました。
2週間以上、間が空いてしまいました。
申し訳ございません。
この間、家の中でちょっとした異変があったりしまして、いつものペースが保てない時期がありました。
その影響でゼミの課題もコンクールも、もろもろ滞り、その結果、こんな日付のこんな時間に本局から帰宅、というわけです。

続きを読む
posted by 山久友 at 02:02| Comment(4) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!