2008年02月29日

コンクールの新情報

前回は、私、応募できませんでした、このコンクール。

「ドラマ・万葉ラブストーリー」第2回脚本コンテスト


出す気満々でしたが、深く深く潜っていた時期と重なってしまいまして。
結局出さずじまいとなったわけです。

月刊 シナリオ教室」に受賞シナリオが掲載になってなかったかな?
載っていたら読んでみようと思います。
今回の目玉は、受賞作がNHK総合で放映されることのようです(前回は奈良ローカルの放映)。
また、締め切り→発表→映像化→放映までが半年足らず。
結果が早くわかるので、スピーディーな流れも魅力的です。

そうそう、昨日はゼミ。
先週に続いて、今週も読むことができました。
これで2月には3本読んだことになり、これは自身の中で約3年ぶりの快挙のようです。
20枚シナリオは近いうちにアップします。
アップしたらこちらでもお知らせいたします。
posted by 山久友 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

「少々、お時間を拝借……」

まずは。
課題、書けました。
うーむ、奇跡に近い。
例によって完徹です。
ゼミで、読めるといいな。

さてさて、本題です。

「拝借」を辞書で引くと「“借りる”をへりくだって言う言い方」のような解説が出ております。
だから、
「お時間を拝借したいのですが」
「じゃあ、あとで返してくださいね」

なぁんていう他愛もないギャグも生まれるわけです。

「少々お時間を拝借」
と言うとき、もしくは言われたとき、どちらも、拝借した時間を返すつもりもなければ、返してもらうつもりもありません。
貸し借りできないのが時間だとわかりきっているからです。

続きを読む
posted by 山久友 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

今夜は完徹の覚悟

明日はゼミ。
1週間は早いものです。
次の課題は「喜劇」。
笑わすことには苦手意識バリバリなので(いばるな)、当初からプレッシャーを感じていた課題のひとつでした。

でもまぁ、苦手なら最初っから開き直って臨むこともできるわけです。
恥かく覚悟さえあれば怖いものなし。
精一杯チカラは尽くしますが。

それにしても。
いまはよのなかに存在しないオハナシが、私が書くことで、明日のいまごろにはこの世に生まれているかもしれない。
考えてみれば不思議なことです。
これこそ、シナリオを書く醍醐味、ですね。
posted by 山久友 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

今期見ているドラマ

……は、2本だけです。
篤姫」と、
未来講師めぐる」。

(それぞれのあらすじなんかは公式ページでご覧ください)

「篤姫」は厳密に言うと「今期」ではありませんが。
それに、放映は8話まで進んでいるのに、録画を見たのはまだ5話までですが。

本題に入る前にお話ししておきますが、「連ドラ」って、見続けるのに並大抵ではないパワーがいりません?
私だけかなぁ。
一般視聴者だけの立場で言ってしまうと、「連ドラなんて疲れるから絶対見ねぇ」という感じです。
内容云々の前に、「連ドラ」という形態自体が私にとってひどく重荷なのです。
放送局は、なんのために連ドラを制作するのでしょうね。
ヒットドラマがたくさんあったころは「安定収入の確保」とか「自局のブランド作り」などの明確な役割があったと思います。
でも現在は、軒並み視聴率は10%前後を推移し、放送局にとってお荷物でしかないハズなのに。
本当に傍目から見てもテレビドラマって、現在、瀬戸際に立たされていると感じます。
連ドラ自体が新しく生まれ変わるのか。
それとも新しい形態のテレビドラマが誕生するのか。
♪ハテサテフフン、サテフフン♪

個人的には、いまこそ「復活! 東芝日曜劇場」を祈念いたします。

ふぅっ。
さて、閑話休題。

続きを読む
posted by 山久友 at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ストーリーはおさがり

そろそろ1歳4カ月になろうとする息子に、カミさんの友人や近所のお母さん方から、おさがりのお洋服をいただくことがあります。
いただいたお洋服は大切に、でも仕舞い込むことなく、どんどん着させていただいています。
衣類は着てナンボ。
そこでふと思いました。

あ、その前に。
このエントリの原型は少し前に考えていましたが、表に披露する勇気がなく、お蔵入りしていました。
今回「エントリしよう」と決意したきっかけになった、こちらのブログ記事に謝意を表します。

で、どう思ったかといいますと。

「ストーリーって、『おさがり』なんじゃないかなぁ」

続きを読む
posted by 山久友 at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

「Progress」

ひさびさの音楽ネタです。

スガシカオさんの名を初めて認識したのは「夜空ノムコウ」だったでしょうか。
ネクラでスカして、それでいてちょっと破滅的な世界観が好みです。
それほどたくさん聞き込んでいるわけではないのですが。
今朝、携帯電話にツっこんでいる曲をランダム再生していたら「Progress」が流れました。



続きを読む
posted by 山久友 at 10:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

争えばいいってもんじゃありませんが

米脚本家組合のスト決着!
現地では何が起こってたの?


米脚本家組合(WGA)のストライキがようやく決着! そもそも労使交渉で折り合わず、約4カ月膠着状態だったっていうのはわかるけど、米では何が起こってたの?(2008.02.21 R25.jp)

「脚本家」というものの立場の違いを感じますね。
いやいや、まだ私は「脚本家」ではないのですが。
そもそも「争議」を信奉するわけでもないのですが。

続きを読む
posted by 山久友 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

課題「アクション」を読んだ&別サイトにアップ

20枚シナリオはこちらにアップしました。

今日はなんと、レギュラーの講師は発熱によりお休み。
別の講師による代講でした。
ちょっと勝手が変わって戸惑う部分もありましたが、ひと味違ってこれもまた楽しいひとときでした。

※以下は20枚シナリオの内容に触れる部分もあります。
 そちらをお読みいただいてからのほうがよいかもしれません。


続きを読む
posted by 山久友 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

ドラマは「いない いない」と「ばぁ」のあいだにある

1歳3カ月の息子は「いない いない、ばぁ」が大好きです。
大人がして見せるのも好きですし、自分自身でも、大人用の帽子やら風呂の手桶やら大きな絵本やらで自分の顔を隠して「いない いない、ばぁ」をして見せるほど。

彼がどうして喜ぶか、どうして笑うかを観察してみると、「いない いない、ばぁ」の「、」の部分に秘密があるのではないかと思うのです。
顔を隠して「いない いない」。
そして「、」。
最後に「ばぁ」。
そこで彼は声を上げて笑います。
彼が最も期待し、最も私を凝視しているのは「、」のあいだ。
この短い時間に、彼にとってのおもしろさが凝縮しているようなのです。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:35| Comment(4) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

欲張りな同時進行

課題を最短期間で書き、すべて発表する」という目標は、おかげさまでいまのところ順調にこなしつつあります。
このままのペースを維持できれば、課題30本は発表まで含めて4月の第2週で終了予定です。

続きを読む
posted by 山久友 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

キムタクドラマ

月9で始まるそうです。

キムタク「ゲツク」で小学教師から首相に

木村拓哉(35)が4月スタートのフジテレビ系新ドラマで内閣総理大臣を演じることが18日、同局から発表された。(2008年2月19日7時47分 (C)2008,Nikkan Sports News.)

今期は香取(フジ月9)&稲垣(TBS日9)。
来期は木村(フジ月9)&草なぎ(TBS日9)。
どうした、リーダー!?
あ、彼はバラエティ専属ですかな。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンクール自省

「コンクールって、合コン? もしくは集団見合い?」

と、思うのです。
なぜなら。

続きを読む
posted by 山久友 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

シナリオを何にたとえますか?

よく使われるのは「シナリオは設計図」というフレーズ。
なるほど、その通りです。
シナリオという設計図を元に、映像という建造物が造られます。
大林宣彦監督は著書「4/9の言葉」の中で「脚本は時刻表である」と述べていらっしゃいます。
監督はその時刻表を元に旅をコーディネートするのだと。
脚本は時刻表だから、綿密に計算されていなければならないし、正確でなくてはいけない。
でも旅そのものは、あまりに予定通りでキチキチではつまらない。
――そんなふうに脚本と映画の関係を述べていらっしゃいます。

で、私はというと。
続きを読む
posted by 山久友 at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

課題「アクション」と追悼・市川崑監督

課題、書くのは3週間ぶりです。
1月の最終週に休みが入ってしまいましたからね。

続きを読む
posted by 山久友 at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

「東京少女・セピア編」を見た

こちらで紹介した「BS-i新人脚本賞」の参考に、「東京少女・セピア編」6本を見ました。

番組の構成は、各話とも15分のドラマと15分のメイキング。
どこかで聞いたような企画ですが。
どちらが先に手をつけたのか、私は存じ上げませんが、私はこちらを先に知っていました。
ちなみに某キー局さんも「ドラバラ」の名称を使っているようですが、コチラは完全に後発であります。

続きを読む
posted by 山久友 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

課題「サスペンス」別サイトにアップ

タイトル通りです。
3連休はあっという間に過ぎ、ようやくアップしました。
こちらをどうぞ。

そんなことで安心するヒマもなく、次は「アクション」。
明後日はおそらく読めないと思いますが、書いて持っていかないと1週間後の優先権も得られないので、何がなんでも書いていこうと思っています。
posted by 山久友 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

課題「サスペンス」発表

読んでまいりました。
なんだか以前ほど緊張していない自分がおりました。
別に自信も何もありませんでしたが。
今回のに限っていえば、書き上げて2週間経ってしまっているので、「ようやく読める」という安堵のほうが大きかったのかもしれません。

続きを読む
posted by 山久友 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(3) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

第5回 BS-i新人脚本賞

またまたコンクールです。
第5回 BS-i新人脚本賞

私も2年くらい前でしょうか、一度応募したことがあります。
続きを読む
posted by 山久友 at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

【速報】新しいコンクールが募集開始

みなさん、ご存知でした?
私は今日、初めて知りました。

第1回スーパーシナリオグランプリ
http://www.super-scenario.com/

続きを読む
posted by 山久友 at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

子どものころの「楽しい」は貴重

ホントは今日、更新するつもりはなかったんですが、こんなネタを見つけてしまったので。

発信箱:ゆくぞ、アトム=玉木研二(論説室)
毎日新聞 2008年2月5日 0時02分

続きを読む
posted by 山久友 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!