2005年07月30日

ゼミ〜S1〜ウルトラQ無念

水曜日、仕事後、某ミスドにこもってゼミの課題を書きました。
ミスドは、コーヒーや、店舗によってはカフェオレも、おかわり無料なので、長時間粘りたいとき便利です。
結局書き上げたのは帰ってきてから(閉店時間までに書き上がらなかった!)。
当初「ここまで書こう」と思っていたところまで枚数を気にしないで書いてみたら25枚になってしまったので、それを20枚におさめました。かなり難儀な作業でしたが、じつはこういう「決まった字数におさめる」刈り込みって、パズルを解いているみたいで好きです。

木曜日、ゼミに持っていきましたが、今回は書いてきた方がことのほか多く、ジャンケンする間もなく、条件選抜(今月、まだ読んでない)でふるい落とされてしまいました。
ゼミ中、ちょっとした地震がありまして、前回の地震のことがあったので、一瞬緊張しましたが、たいしたことはなくて何よりでした。
そうそう、ゼミ前に、初めて「ふれあい教室 シナリオER」っていうのに顔を出してみました。
「ER」っていうのは、まぁ、シナリオに関する相談・雑談コーナーみたいな感じです。
同じゼミの某友人が参加するというので、なんとなく「じゃあ、行ってみようかなぁ」と行ってみた次第。
終了時刻ギリギリの到着でしたが、女性の先生と20〜30分お話しさせていただきました。
いろいろ話しましたが、特に収穫だったのは、その先生が作家養成講座時代の私の添削をされていたことが判明したこと! もうひとつは、作家集団ってどういうところなのか、おぼろげながらイメージがつかめたこと! です。
ひとつめは先生が私の名前に見覚えがあったそうで、そこでわかりました。
ふたつめは「作家集団って一匹狼の集まりみたいで、誰も頼りにできなさそうで怖い」というイメージを先生に伝えたところ、先生ご自身長く作家集団にいらしたそうで、「そんなことはないよ」とそのときの経験を踏まえて説明してくださいました。
課題がなくなるので、基本的にはコンクールやコンペ向けの話ばかりで、たとえば長編120枚を30枚ずつ毎週書いてゼミで読んで、意見やアドバイスをもらい、ひと月で長編を書き上げる(30枚×4週=120枚)というやり方もしていたとか。
作家集団時代の友人とは、いまでも付き合いがあるそうです。
「プロになりたいんだったら、できるだけ早く研修科の課題は書き上げちゃって、作家集団に行くことをオススメします」とも、おっしゃっていました。
なんとなく今後のイメージが明確になって、ちょっと安心しました。

そして金曜日はS1授賞式&特別講座。
私の参加は2回目。
講座でいろいろ心にとまったことはあるのですが、特に印象深かったのは、「20枚シナリオは、書いて発表したあとが勝負」ということ。
これ以前にも聞いた覚えがあるのですが、今回切実に胸に残りました。
前に進むばかりではなく、後ろもちょっと振り返りつつ、でもやっぱり前を向いている……そんな感じで進まなくては、と思います。
次(第9回)こそは応募するつもり。そろそろ本気で取りかかろう。

で、今日。
ホントならいまごろ、「ウルトラQ祭り」のハズでしたが、昼近くにメール受信してみたら、申し込んだ通販サイトから悲しいお知らせが。
「メーカーより入荷待ちのため発送が遅れ、入荷予定日は8月上旬になりそう」とのこと。
がーーーーーーーん。
すっげぇ心待ちにしていた反動で、がっかり度合いも倍増。
来週末は家を空けてしまうので、入手できるのはいつになることやら……。
でも、あきらめないぞ!
……と、自分で自分を勇気づけてみる。
posted by 山久友 at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

突然、熱発!

昨夜、いきなり38.3℃まで体温が上がり、絶不調でした。
仕事場を出てゼミに向かう途中から腹痛があり、なんとなく体調不良ではあったのですが、
トイレに行って少しは持ちこたえたかなぁ、とゼミには出ることにしました。
ところがゼミ後半から、腹痛ばかりではなく熱が出てきている感じ(悪寒と節々の痛み)が全身に現れ、じっとしているのも辛くなり、終了後直ちに教室をあとにしました。
途中薬局でクスリを買い、這うようにして帰宅。はかってみると体温「38.3℃」。
クスリをのむために、くだものの缶詰だけを無理矢理腹に詰め込み、フトンにダウン。
妻が寝るときに一度起こしてもらい、熱をはかると、なんと! 36.8℃。
腹痛の名残があり、トイレに行くと、体中の水分が1滴も残らないんじゃないかっていう感じ。
ふしぎと、水分とともに痛みは消えました。
そのまま眠りにつき、朝またはかると、なななんと! 35.7℃!
平熱より低いじゃん!(笑)
普通に、出勤しました。
これ以後、いままで体調はすこぶるノーマル。
なんだったんでしょうか……38.3℃。
posted by 山久友 at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

合宿全日程、終了!

いやはや、参加されたみなさま、本当にお疲れさまでした。
なんだかスポーツ後のような疲労感に襲われております。
明日あたり、脳みそが筋肉痛になりそうです。
いろいろへこむ場面もありましたが(笑)、充実した3日間だったと思います。
忘れず、「おみやげ」の企画書も出さなくちゃ!
ひとまずは、暑さも激しいことですし、睡眠をとって体を休めることにいたしましょう。
posted by 山久友 at 23:33| Comment(7) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

メイン合宿、終了!

心地よい疲れに包まれております。
昨日の予測どおり、やはり濃ゆーい時間でありました。
ウォーミングアップ実習、ゼミ実習とも、わたしはかすりもしませんでした。
ま、次を目指すとしますか。
フジ杉田さんのお話、興味深く拝聴しました。
聞く、っていうよりは、生でお話を伺うのは「体感」する、って感じ。
同じ場、同じ時の空気を共有して過ごす、ってことが大切ですね。
残るはサブ合宿の、明日1日。
まだあるのか、もう終わりか、両方の気分です。
明日参加のみなさま、がんばりましょう!
posted by 山久友 at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

合宿1日目、終了ー!

なんだかね、やっぱ疲れました。
3枚シナリオの実習に、3時間のビデオ講義、3時間のパネルディスカッション。
長ーーーい!(笑)
行く前まではそれほど気にならなかったのですが、実際参加してみると、体力使いますワ。
明日はメインの「直しゼミ」と「フジ・杉田さん」。
これまた濃ゆーい1日になりそうです(笑)。
もうあと、9時間ばかりで再開です。
posted by 山久友 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

ゼミ、それから「トニー滝谷」

木曜日のゼミ、また読みました。
……あ、その前にひとつ訂正を。
前回の記事で、「6月は『死』しか書かなかった」と書いてしまいましたが、よくよく確認すると「誘惑」も書いていました。テヘ。失礼いたしました。
コンクールが間にはさまって、「誘惑」の課題がえらく遠い昔のことに思えてしまっていたようでした。
で、ゼミ。
ちょっと、自分では消化不良な感じの課題でしたが、みなさんの評判は意外と好評。ま、「良いところを探す」というゼミ全体の雰囲気に、大いに助けられてはいるのですが(笑)。
今回は男性を主人公にしましたが、どうも自分自身の感触では、女性を主人公にしたほうが自分でおもしろいし、ノッて書けるし、結果、納得がいくものを書けるような気がします。
なんでだろ?
むかぁし昔、小学生高学年や中学生・高校生のころ、小説のまねごとのようなものを書いていたころも、女性を主人公にしたほうがノッて書けていました。
自分にとって「ノッてて、おもしろくて、納得がいく」ことと、観客がそう思えるかは別のことだとは思うんですけどね。
なぜなのか、本当にふしぎです。

昨日、金曜日は某劇場で「トニー滝谷」を鑑賞。パンフが売り切れで残念。



イッセー尾形さんもスゴいですが、宮沢りえさんのスゴさは半端じゃありませんでした。
彼女は一人二役をこなしていますが、私には本当に「似ているけど別人」に見えたのです。
彼女に気に入ってもらって演じてもらえるようなシナリオを書けたらと、心底思います。
作品自体は、世の中と切り結ぼうとせず、孤独な人生を送るトニー滝谷そのもののような映画です。
シナリオは、「観客を主人公にどれだけ感情移入させられるかが勝負」と言われますが、そんな基本理念を覆します。感情移入を、作品が拒絶しているのです。……というふうに、私は感じました。
でも、シーンやカットはひたすら美しく、もの悲しく、魅力的。
これもアリなんだな、と勉強になりました。
posted by 山久友 at 14:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

「宿命」を書き上げたと思ったら

さきほど「宿命」、なんとかかんとか書き上げました。ふぅ。
そこで気づいたんですが、先月は20枚、「死」しか書いていなかった!
当初の予定よりも、えらくスローペース。
ただまぁ、先月の収穫は初めてコンクールに応募できたこと。
20枚とコンクールと両方やってみて、その役割の違いが、よ〜くわかりました。というか、実感できました。
ふむふむ、こういう感じでそれぞれ取り組めばよいのか、と。
いままでも頭では知っていたハズなのですが、やってみて、しみじみ納得。
プロを目指すなら、どっちもこなしていかなくては、と強く感じた次第です。
次は「不安」。そして合宿の「プレゼント」7枚、続いて新井一賞「記念日」、第9回のS1、それから、秋のフジかテレ朝。目白押しですな!
みなさん、体調維持と、気力の保持、2本柱でまいりましょう。
posted by 山久友 at 04:12| Comment(2) | TrackBack(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

個人的な葛藤に決着!

先日の、こちらの記事の続きです。
とうとう、予約してしまいました!(笑)
自分の中で、「創作テレビドラマに応募できたら、前向きに考えよう」と決めておりました。
先日、無事応募できましたので改めて考え、「やっぱ欲しい!」と思い予約しました。
あちこち探し、25%OFF、送料無料のネット通販に決めました。
いまから届くのが楽しみです……が、届くころ(7/29)って、合宿も終わってるんですねぇ。
S1締め切りまでも2カ月ほどになっているし、新井一賞は2カ月切っているし。
浮かれてばかりはいられませんなぁ。
posted by 山久友 at 00:54| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
my pet!
adopt your own virtual pet!